MAGAZINE

ARCHIVES


GANZO TIMES vol.05
32

GANZO TIMES vol.05

編集者・柴田隆寛氏の仕事観やレザーへのこだわりとは?

GANZO × CHEZ DEDE
31

GANZO × CHEZ DEDE

イタリアブランドCHEZ DEDEとのコラボレーションが実現

7QS-Hをたどる旅
30

7QS-Hをたどる旅

GANZOはなぜ飛騨牛を選び、姫路で鞣すのか

GANZO × 千總
29

GANZO × 千總

京友禅の老舗「千總」が復活させたビロード友禅の工房を取材

GANZO TIMES vol.04
28

GANZO TIMES vol.04

DJ/クリエイティブディレクター・MOODMAN氏が語る仕事観と道具について

A Stitch in Time
27

A Stitch in Time

創業から変わることのない職人たちのモノづくり動画

GANZO × 西畠清順
26

GANZO × 西畠清順

AJIOKA.開業100周年記念プロジェクトに込められたメッセージ

GANZO × DRAKE’S
25

GANZO × DRAKE’S

イギリスブランドDRAKE’Sとのコラボレーションが実現

GANZO TIMES VOL.03
24

GANZO TIMES vol.03

ブックディレクター・幅允孝氏に聞くコラボバックの製作秘話

GANZO x 望月貴文
23

GANZO × 望月貴文

象嵌細工職人・望月氏との異素材コラボレーション裏話

MORE

GANZO TIMES VOL.02
22

GANZO TIMES vol.02

音楽家・小西康陽氏が考える紳士像とは?

CANVAS ― 力強く、美しい生地
21

CANVAS ― 力強く、美しい生地

CB-1シリーズのキャンバスに込められた歴史と技術を徹底取材

GANZOの完全オリジナルクロコ
20

GANZOの完全オリジナルクロコ

「スモールクロコ」+「オリジナルレシピ」で持つ人に特別感を与える

DAMAGE / HOW TO RECOVER
19

DAMAGE / HOW TO RECOVER

水濡れ、コーヒー、擦り傷…。ダメージを受けた財布の回復方法をご紹介

SHELL CORDOVAN ーホーウィン社
18

SHELL CORDOVAN ー ホーウィン社

上質なシェルコードバンを生み出すアメリカ・ホーウィン社の裏側に迫る

CORDOVAN  ― 仕上げと染色
17

CORDOVAN ― 仕上げと染色

レーデルオガワの仕上げと水染めでGANZOのコードバンは美しく輝く

CORDOVAN  ― 鞣し
16

CORDOVAN ― 鞣し

世界に誇る老舗のタンナー・新喜皮革でGANZOのコードバンは鞣される

AGEING
15

AGEING

GANZOスタッフ愛用品のエイジングを不定期更新でご紹介

【対談】石川次郎 × 味岡儀郎
14

【対談】石川次郎 × 味岡儀郎

編集者・石川氏を迎えて “日本の物作り”について語り合う

GANZOの革のお手入れ方法
13

GANZOの革のお手入れ方法

メンテナンス方法をわかりやすく動画でご紹介

BRIDLE LEATHER
12

BRIDLE LEATHER

伝統の技術と製法を今も守るブライドルレザーの秘密

【対談】藤本やすし × 味岡儀郎
11

【対談】藤本やすし × 味岡儀郎

アートディレクター・藤本氏を迎えて “日本の物作り”について語り合う

GANZO IMAGE MOVIE
10

GANZO IMAGE MOVIE

言葉では伝えきれないGANZOの革についてスペシャル動画を公開

GANZO × Steaven Alan
9

GANZO × Steaven Alan

はじまりはスティーブン・アラン氏が東京で出会った革のケース

LUGGAGE COLLECTION
8

LUGGAGE COLLECTION

原点を忘れないGANZOが追求する「理想のバッグ」

新シリーズ「GUD」誕生
7

新シリーズ「GUD」誕生

革の歴史と伝統を継承したGUDシリーズの魅力

GANZOのベルトづくり
6

GANZOのベルトづくり

GANZOにしかできないベルトづくり。お客様の声がこだわりの形に

GANZOのモノづくり
5

GANZOのモノづくり

随所にこだわりが詰まったGANZOのモノづくりの本質を丁寧にご紹介

GANZOのパターンオーダー
4

GANZOのパターンオーダー

一点モノを持つ喜び、思いを形にできる瞬間

GANZO × MONOCLE
3

GANZO × MONOCLE

グローバル情報誌「MONOCLE」のタイラー編集長が明かす“偶然の出会い”

MAESTROが出来るまで
2

MAESTROが出来るまで

フィレンツェの伝統技術とGANZO独自のこだわりが融合

GANZOがヌメ革を使う理由
1

GANZOがヌメ革を使う理由

使うほどになじみ、自分だけの味を楽しむことができる「ヌメの魅力」

recommend

to TOP