MAGAZINE

DAMAGE / HOW TO RECOVERダメージを受けた財布の回復方法

CASE1 : 水濡れ

  • before
  • after
PROCESS
  • 1.

    ティシュペーパーにてシミを覆う

  • 2.

    水をティシュの上から数滴垂らし、シミがうっすらと見える程度に湿らせる

  • 3.

    完全に乾燥させる

  • 4.

    コンディショニングクリームを塗布(塗布後シミの部分が濃くなるが、乾燥すると元に戻る)

  • 5.

    乾燥後、ブラッシング

  • 6.

    乾拭き

注意点:水ぶくれは、水牛の角(なければスプーンや印鑑など)で、丁寧に擦り潰し、コンディショナーを塗布後、ブラッシング
使用シリーズ:BRIDLE

CASE2 : コーヒー

  • before
  • after
PROCESS
  • 1.

    ティシュペーパーにてシミを覆う

  • 2.

    水をティシュの上から数滴垂らし、シミがうっすらと見える程度に湿らせる

  • 3.

    完全に乾燥させる

  • 4.

    コンディショニングクリームを塗布(塗布後シミの部分が濃くなるが、乾燥すると元に戻る)

  • 5.

    乾燥後、ブラッシング

  • 6.

    乾拭き

使用シリーズ: MINERVA NATURAL

CASE3 : ケチャップ

  • before
  • after
PROCESS
表面:

仕上げ剤にて表面加工が施されているものは、水拭きだけで取れる

内装:
  • 1.

    ローション系クリーナーにて軽く拭き上げる(1、2回に分けて)

  • 2.

    乾燥後、生ゴムにて表面を整える

  • 3.

    コンディショニングクリームの塗布

  • 4.

    ブラッシング

  • 5.

    乾拭き

注意点:1でしっかりと油分を移行させて乾燥させる。生ゴムは優しく表面を擦る
使用シリーズ:CORDOVAN

CASE4 : ボールペン

  • before
  • after
PROCESS
  • 1.

    砂けしの角または、生ゴムの角を用いて、素材を確認しながら表面のインクを除去
    ※ 強く擦ると、そのあとのクリームが浸透しやすくなり、シミのように残る

  • 2.

    コンディショニングクリームの塗布
    ※ 水を中心にしたクリームなので、しっかりと寝かせる(乾燥させる)

  • 3.

    ブラッシング

  • 4.

    乾拭き

注意点:シュリンクなどのシボがある革は、表面をグレージングする作業になるため、フラットになり、除去が困難。ミネルバ等表面に油分が残りやすければ、素材を裏から揉むことで部分的な回復も可能
使用シリーズ:CALF NUME2

CASE5 : 擦り傷

  • before
  • after
PROCESS
  • 1.

    砂けしの角または、生ゴムの角を用いて、素材を確認しながら表面の毛羽立ちを除去
    ※ 強く擦ると、そのあとのクリームが浸透しやすくなり、シミのように残る

  • 2.

    コンディショニングクリームの塗布
    ※ 水を中心にしたクリームなので、しっかりと寝かせる(乾燥させる)

  • 3.

    ブラッシング

  • 4.

    乾拭き

注意点:シュリンクなどのシボがある革は、表面をグレージングする作業になるため、フラットになり、除去が困難。ミネルバ等表面に油分が残りやすければ、素材を裏から揉むことで部分的な回復も可能
使用シリーズ:GUD

CASE6 : ガム

  • before
  • after
PROCESS
  • 1.

    大まかなガムを手で取り除き、生ゴムも使用し除去

  • 2.

    クリーナーにて軽く拭き上げ

  • 3.

    コンディショニングクリームの塗布

  • 4.

    ブラッシング

  • 5.

    乾拭き

注意点:色が落ちるため、強く擦りすぎないこと
使用シリーズ:CALF NUME2

※革の素材により、回復度合いは異なります

ARCHIVES

to TOP