仕事のデキる男性がセレクトしたい革小物

仕事のデキる男性がセレクトしたい革小物




革バックのお手入れは重要?



普段使っている革バックはどのようにお手入れしているでしょうか。お店にクリーニングに出す以外はしていない、やり方が分からない、道具がないという理由でしていない人もいるでしょう。実は革製品はとてもデリケートで、日ごろお手入れをすることで買った時の綺麗な状態を保つことができたり、汚れが付きにくくなったりします。

革バックは動物の革を使っているものがほとんどです。革バックのお手入れの基本は、革を乾燥させないことです。乾燥は革の傷みを進行させ、ひび割れやシミ、汚れの原因となります。そしてカビやバックの端の擦れ、傷などはバックに付いたホコリなどの汚れ、使用している間にバックが受ける負荷で傷がついてしまいます。

このホコリや負荷を受けにくくするためにも、お手入れがとても重要です。難しい作業ではなく、少しの道具でとても簡単に行うことができます。この機会に革バックのお手入れ方法を知り、愛用しているバックのお手入れをしてみませんか?美しいバックは持っている人の印象をよくしてくれるだけでなく、使っている自分自身もバックへの愛着がわき、より大切に使えるでしょう。



革バックのお手入れとは



お手入れをする前に注意事項があります。革バックと一言で言っても種類が多く、革の種類によって方法が違います。基本のお手入れの中でも、革バックで多い豚や牛、羊などの革を使用しているタイプを紹介します。バックのお手入れは汚れたらするイメージかもしれませんが、革に汚れやシミ、カビを防ぐことが目的ですので、汚れが目立つ前や買った直後にすることをおすすめします。購入した直後にお手入れをする理由は、バックは作られた工場から輸送されて店舗に届きます。そして店舗で飾られている間、空気や湿気、ホコリに触れている状態です。革がとても汚れて乾燥していることもありますので、購入したらまずは柔らかい布でよくバックを拭くことが大切です。力の入れ過ぎはバックを傷つけてしまいますので優しく丁寧に拭きましょう。馬の毛でできたバック専用のブラシもありますが、ないようであれば柔らかい布で構いません。必ず乾いた布で行います。

次にオイルで革に栄養と保湿を行います。オイルはバックを購入したお店で買うこともできますし、革バックを取り扱っているお店であればだいたい販売しています。オイルを使用できるバックはワニ革と起毛タイプのバック以外のものになります。起毛タイプのバックはブラッシングのみのお手入れになりますので、それ以外の手入れはしなようにしましょう。オイルはバックに合わないものもありますので、必ずバックの端でテストをしてから使用します。異常がなければオイルを1円玉くらい布に付け、バックにできるだけ薄く塗っていきます。あまりオイルを付け過ぎるとバックがベタベタになり、服にオイルが付いてしまうことがありますので、できるだけ薄く塗りこむようなイメージで行います。オイルを塗ったらバックにオイルが浸透するまで待ちます。

最後は防水スプレーをします。防水スプレーをすることで、雨の日でも安心してバッグを持ち歩くことができます。防水スプレーはフッ素系のものを使用します。スプレーは少量で効果を発揮しますので、かけすぎないようにしましょう。スプレーをかけるとバックが濡れたような感じになり色が変化しますが、時間が経つと乾燥しますので大丈夫です。シリコン系の防水スプレーはバックがシミになる原因になりますので使用しないで下さい。この方法を月1回くらいの目安で行います。



革バックに傷が出来てしまった時の処置方法



革バックを使用していると傷がついてしまうことがあります。小さい傷であれば日頃のお手入れ方法と同じやり方で、ブラシや布で汚れを落としてからオイルで傷周辺を優しく磨くことで目立たなくなります。少し目立つ傷であれば消しゴムを使ってみましょう。革バックに消しゴムは驚かれるかもしれませんが、消しゴムを傷周辺に優しく消すような感じで使用します。傷部分のみをこすると傷が余計に目立ってしまうので、周辺の革を傷付近に集めるようなイメージで使用することがポイントです。その後はブラッシングとオイルを塗って処置は完了です。傷を消すことは難しいですが、目立たなくすることは可能です。

革バックに雨が付いてしまったときは放置するとシミになりますので、必ず拭き取るようにします。濡れた布でバック全体を拭き、その後乾いた布でしっかりとから拭きをします。このようにすることで雨がバックに馴染みやすくなり、シミを防ぐことが可能です。仕上げにオイルを塗り、ひび割れや乾燥をしないようにします。バックが濡れるとドライヤーで乾かす人がいますが、ドライヤーを使用すると乾燥してしまうので革バックが傷ついてしまいます。雨がシミにもなってしまうので放置しないようにしましょう。正しいお手入れ方法を理解し、大切なバックを綺麗な状態で長く愛用できるようにしたいものです。


仕事ができる男性を演出する革小物



仕事ができる男性になる方法のひとつとして「形から入る」ことも重要であるといわれています。「形から入る」と聞くと、何か中身のない虚勢を張っているようなイメージに捉えられがちですが、決してそれだけではありません。むしろ自分の実力を相手によりよく魅せるための小道具と捉えた方がいいでしょう。仕事の中身で勝負したい気持ちは誰にでもあるものです。しかしながら相手は企画書やプレゼンテーションなど内容もさることながら、相手のしぐさや服装、持ち物にも目を配っているものです。むしろ仕事の内容や相手との関係性にあまりこだわらない場合などは、相手の服装、持ち物、しぐさなどがビジネスの差につながることもあるのです。そして別の角度から見ると人間は周囲からの期待に応えようとして成長していくともいえます。そのような意味からも「仕事ができる男性」に見える格好をすることも成長への一歩ともいえるのです。

また、すでに社会人として立派に仕事をこなしている男性であれば、その地位や実力に見合った身だしなみや持ち物に気配りするべきです。もちろんスーツやカバン、文房具といったさまざまなアイテムを工夫したいところですが、それでは費用もかなりかかってしまいます。しかし身の回りの小物を一つ革製品に買い替えてみるだけでもずいぶんその印象が変わってくるのです。つまり財布や名刺入れなどの小物を革製品に変えるだけで、相手にオシャレな印象を与え、できる男性を演出してくれる事でしょう。ここではそんな仕事ができる男性を演出する革小物について紹介します。



普段使うものからあなたを魅せる



ビジネスの何気ない側面で、魅せる革小物は、仕事のできる男性を演出するための強力なアイテムです。例えば初対面の相手と名刺交換をするときに出す名刺入れなどが典型的です。いくら有名企業や立派な肩書であっても、名刺入れが100円ショップで売られているようなアルミ製のものだと、相手にあまりいい印象を与えないこともあります。おしゃれな革製の名刺入れから、すっと名刺を差し出すことで初対面の印象も大幅にアップします。

また、財布が安っぽいといろいろな場面で損をします。会食や接待などで現金やクレジットカードを出す時でも安っぽい財布だと格好悪い印象を与えてしまうものです。しかしブランドネームで高級な財布を持つことはかえってミーハーな印象を与えてしまう場合もあります。価格は幅がありますが、革の長財布はいつの時代でもマストなアイテムで、ビジネスにおけるシーンでは好感度も上がるでしょう。

また鍵にも少し目を向けましょう。私たちは自宅やオフィスのロッカー、自家用車など、一人でいくつもの鍵を持っているのが現状です。ですからせっかくオシャレな服装でキメたとしても、鍵の束がポケットの中でジャラジャラと金属音をならしたり、つい鍵を取り出すときにポケットに絡まってもたついたようなしぐさをみせることはあまり相手にいい印象を与えないものです。そこでできる男性を印象づけるために革のキーケースをおすすめします。

キーケースは革小物としては、あまり印象にないアイテムですが、鍵をスマートに管理でき、相手に不快な音を感じさせたりもたついたしぐさを見せることもなくなります。またベルトやバッグから下げればちょっとしたアクセントになります。そういった小物こそ結構人から見られていたりしますので気を遣いたいところです。



IT社会を生きる男性を魅せる



近年、スマートフォンのシェアが爆発的にひろがり、それに伴っていわゆるスマホケース、スマホポーチも様々な種類が発売されています。このような商品には完全防水であったり、さまざまなキャラクターを採用した物、そして素材もシリコンやアルミなど、非常に多種多様な種類があり、自分の好みに合ったものを選んで使っている人が多いのではないでしょうか。

このケースにも革製品を使うことをオススメします。その理由としてまず素材にあります。革は意外と衝撃に強く、かつ柔らかいのでスマートフォンのような精密機械を守るには適切な素材だといえます。そして何より見た目に高級感があります。現在はビジネスのさまざまな局面でスマートフォンを利用するわけですから、ここは仕事ができる男性を演出する小物の1つとして選びたい商品です。

スマートフォンと同様に、最近ビジネスマンに普及しており人気なのがタブレット端末です。最近はPCと同等のスペックを持つ、タブレットも登場しており、一台持って出歩けばどこでも仕事ができるような時代になりつつあります。

タブレット用のケースにも、やはり革製品はおすすめです。それだけでビジネスシーンでのあなたの印象をグッと引き締めてくれます。革小物は財布や名刺入れだけではなく、こういうアクセサリーに取り入れることも重要です。ビジネスの場面において印象勝負のビジネスマンはよりこういったところにも気をくばると良いでしょう。