これから男性への誕生日プレゼントを選ぶにあたっては

これから男性への誕生日プレゼントを選ぶにあたっては




革バックのお手入れは重要?



普段使っている革バックはどのようにお手入れしているでしょうか。お店にクリーニングに出す以外はしていない、やり方が分からない、道具がないという理由でしていない人もいるでしょう。実は革製品はとてもデリケートで、日ごろお手入れをすることで買った時の綺麗な状態を保つことができたり、汚れが付きにくくなったりします。

革バックは動物の革を使っているものがほとんどです。革バックのお手入れの基本は、革を乾燥させないことです。乾燥は革の傷みを進行させ、ひび割れやシミ、汚れの原因となります。そしてカビやバックの端の擦れ、傷などはバックに付いたホコリなどの汚れ、使用している間にバックが受ける負荷で傷がついてしまいます。

このホコリや負荷を受けにくくするためにも、お手入れがとても重要です。難しい作業ではなく、少しの道具でとても簡単に行うことができます。この機会に革バックのお手入れ方法を知り、愛用しているバックのお手入れをしてみませんか?美しいバックは持っている人の印象をよくしてくれるだけでなく、使っている自分自身もバックへの愛着がわき、より大切に使えるでしょう。



革バックのお手入れとは



お手入れをする前に注意事項があります。革バックと一言で言っても種類が多く、革の種類によって方法が違います。基本のお手入れの中でも、革バックで多い豚や牛、羊などの革を使用しているタイプを紹介します。バックのお手入れは汚れたらするイメージかもしれませんが、革に汚れやシミ、カビを防ぐことが目的ですので、汚れが目立つ前や買った直後にすることをおすすめします。購入した直後にお手入れをする理由は、バックは作られた工場から輸送されて店舗に届きます。そして店舗で飾られている間、空気や湿気、ホコリに触れている状態です。革がとても汚れて乾燥していることもありますので、購入したらまずは柔らかい布でよくバックを拭くことが大切です。力の入れ過ぎはバックを傷つけてしまいますので優しく丁寧に拭きましょう。馬の毛でできたバック専用のブラシもありますが、ないようであれば柔らかい布で構いません。必ず乾いた布で行います。

次にオイルで革に栄養と保湿を行います。オイルはバックを購入したお店で買うこともできますし、革バックを取り扱っているお店であればだいたい販売しています。オイルを使用できるバックはワニ革と起毛タイプのバック以外のものになります。起毛タイプのバックはブラッシングのみのお手入れになりますので、それ以外の手入れはしなようにしましょう。オイルはバックに合わないものもありますので、必ずバックの端でテストをしてから使用します。異常がなければオイルを1円玉くらい布に付け、バックにできるだけ薄く塗っていきます。あまりオイルを付け過ぎるとバックがベタベタになり、服にオイルが付いてしまうことがありますので、できるだけ薄く塗りこむようなイメージで行います。オイルを塗ったらバックにオイルが浸透するまで待ちます。

最後は防水スプレーをします。防水スプレーをすることで、雨の日でも安心してバッグを持ち歩くことができます。防水スプレーはフッ素系のものを使用します。スプレーは少量で効果を発揮しますので、かけすぎないようにしましょう。スプレーをかけるとバックが濡れたような感じになり色が変化しますが、時間が経つと乾燥しますので大丈夫です。シリコン系の防水スプレーはバックがシミになる原因になりますので使用しないで下さい。この方法を月1回くらいの目安で行います。



革バックに傷が出来てしまった時の処置方法



革バックを使用していると傷がついてしまうことがあります。小さい傷であれば日頃のお手入れ方法と同じやり方で、ブラシや布で汚れを落としてからオイルで傷周辺を優しく磨くことで目立たなくなります。少し目立つ傷であれば消しゴムを使ってみましょう。革バックに消しゴムは驚かれるかもしれませんが、消しゴムを傷周辺に優しく消すような感じで使用します。傷部分のみをこすると傷が余計に目立ってしまうので、周辺の革を傷付近に集めるようなイメージで使用することがポイントです。その後はブラッシングとオイルを塗って処置は完了です。傷を消すことは難しいですが、目立たなくすることは可能です。

革バックに雨が付いてしまったときは放置するとシミになりますので、必ず拭き取るようにします。濡れた布でバック全体を拭き、その後乾いた布でしっかりとから拭きをします。このようにすることで雨がバックに馴染みやすくなり、シミを防ぐことが可能です。仕上げにオイルを塗り、ひび割れや乾燥をしないようにします。バックが濡れるとドライヤーで乾かす人がいますが、ドライヤーを使用すると乾燥してしまうので革バックが傷ついてしまいます。雨がシミにもなってしまうので放置しないようにしましょう。正しいお手入れ方法を理解し、大切なバックを綺麗な状態で長く愛用できるようにしたいものです。

男性への誕生日プレゼントとして商品選びをする際には



この先、男性に対する誕生日プレゼントの商品を選びたいと考えている方もおられるのではないでしょうか。このような場面では、財布を選択するのもおすすめの方法です。ひと口に財布と言っても、バラエティー豊かな商品がラインナップされているので、アイテムの選び方もチェックポイントになります。

例えば、財布の止め方にも気を配りたいところです。財布は、大事なお金などを入れて使用するものなので、知らないうちに中身が出てしまうようなことがないよう、適切な商品を選ぶことが大切です。

財布の止め方にもいろいろなタイプがありますが、その中の一つに、「かぶせ蓋タイプ」があります。こちらは、その名の通りに、上から蓋をかぶせるような形状のタイプで、男性向けの長財布に多く使用されています。また、さらにしっかりとした止め方に、「ファスナータイプ」があります。こちらは、「ラウンドジッパー」などという呼称もあり、最近になって人気が出てきています。かぶせ蓋とファスナーは、外見的にも、機能的にも異なるので、それぞれの特徴を把握した上で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合わせて選ぶことをおすすめします。

まず、かぶせ蓋の場合には、かぶさっている部分を開くだけで物を出し入れすることができるので、使い勝手が良いというメリットがあります。もともと、長財布は薄型のデザインがほどこされた商品ではありますが、かぶせ蓋の場合、ファスナーと違ってマチの部分が不要なために、さらに薄く使用することができます。そのため、スーツの胸ポケットなどにもすっきりと収まるのが魅力的な商品と言えます。



財布の止め方の違いについて



男性への誕生日プレゼントには、かぶせ蓋の長財布を選ぶのもおすすめの方法です。こちらは、先ほども述べたように中身の出し入れがしやすく、薄型のデザインになっているのが魅力的ですが、小銭などを入れる場合には使い勝手が悪くなる傾向にあるので、主としてカードや紙幣を持ち歩くことの多い方におすすめのアイテムと言えます。また、かぶせ蓋の財布を使用する場合、小銭入れなどは別に用意して、バッグなどに入れて持ち歩くと良いでしょう。

次に、ファスナータイプの長財布は、何と言ってもたくさんの物を収納することができるのが魅力的なアイテムです。例えば、数多くのカードを持ち歩く場合でも、ファスナーをしっかりと閉じることができるので、安心感が高くなります。こちらは、財布の中に入れた物が知らないうちに外へ出てしまわないかと、不安を感じる方にもおすすめの商品と言えます。

また、二つ折りの財布と比較すると、同じ分量の物を入れた場合にも、外見的にすっきりと収まるデザインになっているのも長財布のメリットです。中でも、ファスナータイプの商品は多くの物が入りますが、だからと言ってあまりにも詰め込み過ぎると、使い勝手や外見的印象が悪くなってしまうので、注意する必要があります。また、かぶせ蓋と比較すると、ファスナーのマチがある分だけ、厚みが出ることとなります。こちらのデメリットをカバーするためには、スーツの内ポケットではなく、バッグなどに入れて持ち歩くのがおすすめの方法です。



各商品の特徴を理解して適切なものを選ぼう



これから男性への誕生日プレゼントとして、長財布を購入するにあたっては、止め方による特徴の違いを理解し、適切な商品を選ぶことも大事になります。例えば、かぶせ蓋タイプの場合、素材となる革などを蓋のようにかぶせる形状となっていますが、ファスナータイプでは、革などの素材とは別に、ファスナーという別のパーツを取り付けることとなります。このように、別の部品を取り付けるためには、縫製を行う必要があります。ファスナータイプの商品を選ぶ場合には、こうした縫製のコンディションもチェックポイントになります。例えば、裏側からも糸のほつれなどがないか確認することで、中の物が知らず知らずの内に出てしまうようなリスクの低い商品を選ぶことができるでしょう。

財布は、お金などの貴重品を入れて持ち歩くものであることを考慮に入れると、安全性の面で、ファスナータイプの商品はおすすめです。ただし、財布は、日常的な生活シーンの中で頻繁に使用するものでもあります。そのため、ファスナーの金具が取れてしまうなどのトラブルが発生する可能性もあります。このようなリスクを軽減するためには、衣服のポケットよりも、バッグなどに入れて携帯することをおすすめします。こちらは、財布を出し入れする時の手間暇が多くかかりますが、商品の耐久性を損なわず、長い期間に亘って使用することができます。

また、かぶせ蓋・ファスナーという止め方の違いにかかわらず、つくりが丁寧なものを選ぶことは重要なポイントです。例えば、手作りの商品なども味があっておすすめのアイテムと言えます。