BLOG

GUD D-LINE とは

  • Limited
  • Omotesando

今回は知る人ぞ知る、GUD  D-LINE についてご紹介しようと思います。

 

D-LINEとは、GANZOのディレクター味岡儀郎氏が手掛ける

細かいディテールまでとことん拘った別注ラインのことです。

 

百貨店やオンラインストアでは扱っていない、直営店限定のアイテムですので

生産数が非常に少ないのが特徴です。

※色味はバーガンディのみの生産となっております。

 

今回は約1年ぶりに再入荷しましたので、その拘りをご紹介致します。

 

 

まずこちらがGUD  D-LINE のトートバッグです。

外見のデザインは、持ち手から下にかけて革をもう一枚縫い付けており

通常のGUDトートバッグに比べて、よりデザインに富んだ表情となっております。

 

下の写真は通常のGUDトートバッグです。

金具が大きい分、少しカジュアルな印象になりますが、

D-LINE では金具も小ぶりに作っており、よりドレッシーな印象です。

 

また持ち手の部分に関して、通常は「丸手」の仕様ですが、

D-LINEでは「平手」の仕様になっており、肩によりフィットするため

肩からズレ落ちづらいのが特徴です。

 

ちなみに内装は、通常のGUDシリーズでは下の写真のようなデザインですが、、、

 

D-LINEでは下の写真のように、大きなポケットが二つ付いており、収納力がアップしております。

 

スマートフォンやipadなど電子機器の画面を傷つけないように、

フェルト生地を貼っている点もD-LINEの特徴です。

 

ちなみに余談ですが、下の写真、左側のバッグはGANZOのディレクター味岡儀郎氏が

実際に4年間使用していた試作品のバッグで、同じバーガンディの色味ですが、

写真右側の新品のバッグに比べると、非常に味のある光沢感が出ております。

GUDのレザーは、日本ではあまり流通していない革になりますので

聞き覚えのある方は少ないかと思いますが、血筋やトラなどの表情もよく見えますし、

何より非常にヴィンテージ感のあるエイジングをしますので、革好きの方には特にオススメです。

 

GUDの革についてもっと詳しくご覧になりたい方は

こちらをご参照ください↓

https://www.ganzo.ne.jp/magazine/7.php

 

 

数には限りがございますが、ぜひ一度店頭でご覧になられてみてはいかがでしょか?

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

GANZO本店

東京都渋谷区神宮前5-2-7

TEL 03-5774-6830

11:00 〜 20:00

 

GANZO大阪

大阪府大阪市中央区南船場4-13-14

TEL 06-6120-9977

11:00 〜 20:00

 

GANZO六本木店

東京都港区六本木6-10-1
六本木ヒルズ森タワー 4F(WEST WALK 4F)

TEL:03-3408-1703

11:00 〜 21:00

to TOP