BLOG

ヘリ返しと切り目

  • Post
  • Osaka

こんにちは。
今回は財布のコバ(端っこ)の処理の仕方をご紹介します。

 

・ヘリ返し

ヘリ返しとはこのように、表にくる革の端の部分を内側に返します。

このとき、財布の角に来る革の余りを寄せる作業を『菊寄せ』といいます。

熟練の技術が必要な作業で、この仕上げはお財布をより上品に演出します。

 

GDとカーフディアのシリーズがこちらのお仕上げになります。

 

・切り目

切り目とはこのように、表と裏の革を同じところで切り断面を磨きます。

カード段が重なっている部分などは、革の層が綺麗に見えますね。

 

染料・顔料の違いはありますが、コードバンやブライドルのシリーズもこちらのお仕上げになります。

一番の特徴は、コバのダメージを補修できるところです。コバの部分が傷んでしまっても、修理をしながら長くお使いいただけます。

 

今回は切り目仕上げの際に、出来上がりの寸法に裁断する『本裁ち』という作業を映像でご紹介します。

この作業の後に色を入れたり、磨きをかけたりします。

約10秒の短い動画ですが、興味のある方はぜひご覧下さい。

 

to TOP