長財布の購入を検討している方へ

長財布の購入を検討している方へ


長財布のメリットとは?



財布を選択するにあたって、二つ折りのタイプと長財布の二つが存在していますが、最近では長財布を選択する人たちが多いと言われています。これから購入を検討している人たちもいるかと思いますが、実際のメリットについてを今回は説明していきます。

まず、魅力的な箇所としては高い収容能力があることです。財布によっては異なりますが、基本的には二つ折りに比べるとカードの量も多いですし、開けるタイプの財布についてはパッと見てもどこに何があるのかということを一目で把握することができます。財布の中にゆとりがあるので、カードなどを探す手間もなくなります。カード類や札入れ、小銭入れもあってコンパクトになっているのは魅力的です。

次のメリットは綺麗に収納できることです。二つ折りに比べると幅広になっているので、基本的にはお札を折らずに財布に収納しておくことが可能です。人によってはできる限り財布の中は綺麗に収納しておきたいと思っている人もいるかと思いますが、その望みを叶えてくれるのが長財布です。

その他にも私服にもスーツにも合わせやすいのが魅力的です。特にシンプルな革製の財布に関しては私服が派手でもシンプルでも合わせやすくなります。また、ビジネスシーンでも胸ポケットに入れることができますし、マナー違反になることもありません。ビジネスシーンとマッチさせられるのは魅力的です。

今回は一部分の魅力について説明をしましたが、魅力的な部分が多くなっています。これから購入を検討している人たちもいるかと思いますが、メリットも見ながら選んでいくと良いでしょう。



長財布の選び方



財布を購入する際にはたくさんの種類が存在しているので悩んでしまうという方もいるのではないでしょうか?例えば二つ折りや長財布、デザインも様々なものが存在しています。財布はファッションセンスを問われたりする重要なアイテムでもあるのでこだわって選んだ方が良いと言われています。後悔しないためにも今回は選び方についてを紹介していきます。

まず、後悔しない選び方としてはスマートな財布を選ぶことです。例えばポケットに収まる程度の大きさの長財布です。スマートな財布は使い勝手も良いので長年使用することができます。中にはカバンに入らないような財布や、小銭しか入らないような使い勝手が悪い財布も存在しているので、できる限りスマートで使いやすいアイテムを選ぶようにしましょう。

次のポイントはファスナーがついているタイプか付いていないタイプかです。これに関しては選ぶ人の好みになりますが、ファスナーがついている方のメリットとしてはカードやお札などの紛失を防ぐことができる点です。基本的にファスナーがない財布に関しても紛失することはありませんが、ファスナー付きの財布に比べると落とす可能性は高くなります。次にファスナーがない財布のメリットについてですが、会計の時に支払いがスムーズにできる点です。例えばファスナー付きのタイプの場合は万が一ファスナーが壊れてしまったら支払いに苦労をしてしまいます。開閉できなくなってしまうと財布としての機能を果たせなくなるので長持ちさせようと思っている場合にもファスナーがついていない方が有利となります。このように、チャックの有無についても選ぶ際には重要になることもあるので、後々後悔しないためにもこだわった方が良いでしょう。

次の選び方としては年齢に合う財布を選ぶことです。例えば中高年の人たちがキャラクターの財布を身に着けていると似合わないことが多いです。また、逆に小学生が本革の高級の財布を身に着けていてもあまりふさわしくありません。それぞれ年齢によって選んだ方が良い財布は存在しているので、考えながら選ぶようにすると良いでしょう。

このように、選び方は人それぞれですが、後悔しないためにはこだわった方が良いので、適当に選ぶのではなく、選び方などを調べながら検討すると良いでしょう。



革の素材の長財布の手入れ方法



革の素材の財布を手に入れた場合には手入れについても定期的に行わなくてはなりません。今回は日頃の手入れについてを紹介していきます。まず、埃や汚れを取り除くのに大切だと言われているのがブラッシングです。手入れをする際にはまずはブラッシングをして埃や汚れを取り除くようにしましょう。

そして次にある程度ブラッシングが完了したらワックスを塗りこみます。ワックスを使うことによって艶が増し、本来の革の輝きを取り戻します。ワックスを塗る時のポイントとしてはベタベタにするのではなく、薄く塗ることが大切になります。ベタベタに厚く塗ってしまうと乾かせる作業が大変なので気をつけるようにしましょう。

ワックスが完了したら最後に仕上げの作業に入ります。仕上げでは再度ブラッシングをし、磨き上げます。最後にブラッシングの作業をすることによっていつまでも艶のある財布を維持することができます。

RECRUIT