メンズ用の長財布を検討している方へ

メンズ用の長財布を検討している方へ


長財布を選択するメリットについて



現金やカードを持ち歩く時には誰もが持っていると言われている財布ですが、種類などは多岐にわたり様々な財布が世の中には存在しています。大きく分けると二つ折りや長財布が存在していますが、特にメンズに人気と言われているのが長財布です。購入する人も多いと言われていますが、実際に選択するメリットとはどういったものがあるのかについてを今回は紹介していきます。

まず、長財布の魅力的な部分としては収納力があることです。例えば二つ折りを利用する場合にはカードを収納するスペースが長財布に比べると少ないことが多いと言われています。収納力がある財布を選びたいと持っている人は長財布を選ぶことでより満足感を得ることができます。次のメリットは現金の支払いやカードの出し入れがスムーズに行えるというものです。二つ折りに比べるとスペースにゆとりがあることが多く、現金やカードの出し入れがしやすいと言われています。例えばお会計の時に支払いでもたついているとかっこ悪いと思うメンズもいるかもしれませんが、長財布はスペースにゆとりがあるため、スムーズに会計を済ますことができます。

また、スーツに合わせるのにもスマートでスタイリッシュな長財布が人気を集めています。素材によっては異なりますがスーツには特にスリムで固めの革を使用している財布を利用したり、黒やブラウンなどの落ち着いた色の財布を所持するとスーツにも映え、よりスマートなビジネスマンに近づくことができます。身だしなみが重要なビジネスマンは格好にもこだわった方が良いと言われているので、スーツのみならず財布も慎重に選ぶようにすると良いでしょう。

その他にも財布を折り曲げないことによってお札などを綺麗に収納できるのは魅力的です。人によって異なるかと思いますが、お札を折り曲げずに綺麗に収納したいと思っている方もいるのではないでしょうか?二つ折りの場合はお札を綺麗に収納することはできませんが、長財布ならピン札も折り曲げることなく収納できるので綺麗好きのメンズにとっては魅力的です。このように、メリットとされている部分はたくさん存在しています。これから財布を購入しようと思っている場合には種類もたくさん存在しているので自分好みの素敵な財布を捜してみるといいでしょう。



財布の手入れ方法について



財布の手入れは素材によって異なりますが、特に革の財布は定期的にメンテナンスをした方が良いと言われています。これから購入を検討している人は手入れについても知っておくといいので、今回は手入れの方法についてを紹介していきます。まず、それほど汚れもついていない場合の日頃の手入れですが、基本的には柔らかい布で乾拭きをするのが一番良い方法だと言われています。力を入れずに優しく撫でるように磨くのが基本です。強すぎると素材を傷めてしまう可能性があるので注意をしましょう。また、乾拭き以外にも定期的にクリームによる手入れをすることで革のツヤを取り戻すことができます。乾拭きの手入れは財布を使ったら毎日行った方が良いですが、クリームの頻度は月に1回程度行うことで綺麗に保つことができます。頻繁に使用する場合には2週間に一度の頻度で行うと良いでしょう。

万が一革の財布が濡れてしまった時の手入れ方法ですが、革製品にとって水分は大敵です。放置をするとカビなどが発生する原因になることもあるため、濡れたときにはすぐに対処する必要があります。濡れてしまった時は乾いた布で水分をよく拭き取るようにしましょう。ある程度水分を吸収することができたら後は陰干しをしてしっかりと乾燥をさせることでカビなどの発生を防ぐことができます。また、乾かす際にドライヤーなどを使用するとひび割れの原因になる恐れもあるので早く乾かすためといってドライヤーなどを使用することは避けるようにしましょう。このように、手入れは正しい方法で行うことで革製品の財布は長持ちさせることができます。



長財布にはコードバンが使用されているものを選ぼう



革製品の財布を選ぶときには革といっても色々な種類が存在してます。その中でもコードバンは革業界では人気の素材だと言われており、一頭から採れる量はごくわずかだと言われています。魅力的なので革のダイヤモンドと呼ばれているほど人気を集めています。特徴としては強度が革の中でもトップクラスの強さを誇ります。通常の牛革の数倍もの強度と言われており、簡単に破れたり破損したりすることはありません。強度が強いので一生ものとして使用することができる財布です。また、デザインも基本的にはシンプルなものが多く、ファッションにも合わせやすいのが魅力的です。

革の素材といっても種類は様々で今回はコードバンについて紹介をしましたが、それ以外にも豊富な種類のものが流通しています。日常的に使うものですから、よく吟味して自分好みのものを見つけましょう。

RECRUIT