コードバンの長財布について

コードバンの長財布について


コードバンの特徴について



コードバンとは馬の皮革の一種です。独特で硬質な素材感と、経年変化によって艶感が増すことから革のダイヤモンドと言われているくらい魅力的な素材と言われています。また、キメが細かく滑らかでしっとりとした質感が特徴的です。コードバンの素材はどこの部位からでも採れるような素材ではなく、一頭の中でもごくわずかな量しかとることができない素材です。コードバンの素材は主に財布や鞄などで使われています。使い始めは白いロウのようなもので膜が作られており、それを磨いたりすることでツヤのある質感に生まれ変わります。深い光沢になることから革のダイヤモンドとして呼ばれるようにはふさわしい素材だと言われています。コードバンは今ではあらゆる分野で使用されている素材になりますが、実際に詳しく説明するとどのような特徴があるのかについて今回は説明していきます。

まず、コードバンは牛革の数倍程の強度があるという魅力を持っています。基本的に革の素材は簡単に破れたりするようなものではありませんが、その中でもコードバンは頑丈な革だと言われており、使い込んでもしっかりと手入れをすることで長年使用していくことができます。また、経年変化によって使い込むほどに深い独特な光沢を楽しめるのも魅力的です。牛革の素材に比べると希少性が高いのもコードバンの特徴です。一頭から作り出せる財布の数は4つほどだと言われています。希少性が高いことから革の業界の中でも最もブランド力を持っていると言われている素材です。通常の牛革に比べると値段も高くなることがありますが、一生ものとして使うことができるのでトータルで見るとコードバンの方がお得かもしれません。このように、コードバンの特徴について紹介しましたが、他にも魅力的な部分はたくさん存在しています。これから財布などを手に入れたいと思っている場合には素材は重要なポイントになるので、妥協せずに納得のいく素材を選ぶようにしましょう。



革製品の長財布の手入れ方法



財布を選ぶときに革製品の長財布を選択しようと思っている人も多いかと思いますが、特徴として手入れをすることによっていつまでも手元に置いておける耐久性に優れている素材だということが挙げられます。革製品の長財布を選ぶ際には手入れが大切になりますので、これから購入を検討している方のために今回は手入れ方法についてを紹介していきます。革製品の長財布を購入する場合は基本的に財布を販売している店舗でメンテナンス用品を一緒に購入することができます。メンテナンス用品を持っていないという方は財布と一緒に購入をすることで素材にピッタリのものを手に入れることができます。

では実際に日頃の手入れ方法について紹介をしますが、まず初めにブラシを使用してブラッシングをしていきます。基本的に財布は常に持ち歩くアイテムであるため、ポケットに入れたり手で触ったりすることによって汚れや埃などが付着します。汚れは放置しておくとシミなどの原因になることもあるので早めの手入れが必要になります。綺麗に保つためにも定期的にブラッシングをするようにしましょう。ブラシを使用する時の注意点としては、あまり強く磨いてしまうとキズになる可能性もあるため、できる限り優しくブラッシングをするように心掛けることが大切です。

次のポイントは塗布です。それぞれの革の素材はワックスを塗ることでツヤや質感を守ることができます。その為にも各レザーに合うワックスを選ぶことが大切になります。塗る時にはおおよそ米粒2粒程度のワックスを布で伸ばしながら塗布していきましょう。中には分厚く塗る人もいますが、乾かすのに時間がかかるため、薄く塗るように心掛けましょう。その後乾燥させ、仕上げに再度ブラッシングを用意して優しく磨くことで汚れのない綺麗な長財布を取り戻すことができます。綺麗に保つためには日頃の手入れが重要なので定期的に行うようにしましょう。



革製品の長財布をネットから購入するメリット



革製品の長財布を販売している店舗は数多く存在しており、大きく分けると実店舗から購入する方法とネットから購入する方法の二つが存在しています。その中でも最近ではネットから購入をする人たちが増えていると言われています。では、実際に今回はネットで購入を検討している人たちのためにメリットについてを紹介します。

ネットは素材やデザインの面でパソコンやスマホから検索をして探すだけなので、自分の好みの長財布をすぐに見つけやすいというメリットがあります。実店舗で探す際には万が一気に入った長財布がない場合には色々な店舗を歩き回らなければいけませんが、ネットで購入する場合には手間もかからず自宅にいながら注文することができます。様々なブランドを比較しながら検討することができるので、より自分好みの財布が見つかるかもしれません。

RECRUIT