革財布をオーダーする際にはこんなポイントを押さえる

革財布をオーダーする際にはこんなポイントを押さえる


革財布をオーダーメイドで作成する



大人になると、持っている小物の質はある程度重要なポイントとなります。例えば、時計や靴、ベルトなどが挙げられますが、その中でも注目するべきなのが財布です。財布はその人の経済状況などを判断される一番のポイントになりますので、質の良い財布を持つことでより相手に信頼をされやすくなるでしょう。値段が高ければ良いというわけではありません。大切なのは質が良く自分好みの財布であるかという点です。どんなに値段が高くても自分の好きなタイプの財布でなければ台無しですし、丈夫さが無ければすぐに壊れてしまいます。見た目はもちろんですが、ある程度の丈夫さがないといけないということも忘れてはいけません。

見た目も良く丈夫さも兼ね備えている財布といえば、やはり革財布がおすすめです。革財布は自分好みにオーダーメイドをすることができる専門ショップも数多くありますので、カラーやデザイン、サイズなども一から注文をすることができます。オーダーメイドの際には、専門店に依頼をした後に打ち合わせを行い、気に入ったデザインができ上がったら正式に発注します。商品ができ上がり後、特に問題が無ければ、あなただけの革財布が手に入ります。オーダーメイドで作る財布は、世界で一つだけの財布を作ることができるということです。しっかりとしたお店に依頼をすることで、非常に質が良く理想的な革財布を手に入れることができるでしょう。お店によってオーダーメイドを請け負っている金額が異なりますので、お店同士を比較して納得ができる金額で提供している場所を探すことも大切です。自分だけのオリジナル財布を、あなたも手に入れてみてはいかがでしょうか。



自分の好みでカスタマイズ



オーダーメイドの利点と言えるのが、やはり自分好みで財布を一からカスタマイズすることができる点です。世界に一つだけの自分だけの財布だからこそ自分が使いやすいようにしっかりとカスタマイズを行いましょう。様々な部分のカスタマイズを行うことができます。

まずは見た目についてです。革財布の場合カラーはどうするのか、何の皮で作るのか、デザインはどうするかなど、ルックスに関してのカスタマイズをしていきます。こちらは自分の好みで提示できる場合もあれば、ある程度選択肢を提案されそこから選択できるタイプもあります。また、革の種類や質感などを選択することができる場合もありますので、好みに合わせて選択をしましょう。

次に財布の形についてです。財布と一口に言っても長財布なのか、折り畳み財布なのかなど財布の形が色々とあります。日ごろ使っていてどのタイプが使いやすいのかを考えて、形を選択する必要があります。こちらも自由に伝えることができる場合もあれば、選択肢が提示される場合がありますので選択してカスタマイズをしていきます。

そして、財布の内側についてです。小銭入れのファスナーはどんなものなのか、カード入れは何か所作るのかなど、中身に関しての質問をすることができます。財布の使い勝手を左右する重要なポイントになりますので、細かい要望を伝えて自分だけのオリジナル財布をオーダーするようにしてみてください。このように、様々な部分をカスタマイズすることができますので、いくつか検討してみることをおすすめします。



値段もそこまで高くない



自分だけの革財布と聞くと、とんでもない金額を想像される方もいるのではないでしょうか。もちろん依頼をするお店によっても、依頼する内容によっても異なりますので一概には言えませんが、実はそこまで高額になることなく作ることができる場合が多いでしょう。商品によっては、通常売られている財布と同じくらいの金額、または少しプラスアルファしたくらいで利用できるショップもあります。金額面に関してもお得に利用できるのがオーダーメイド革財布です。自分だけのオリジナル財布を注文することで、一生ものの宝物ができると言っても過言ではないでしょう。革財布は使えば使うほど味が出る商品ですので、年月を掛けることでより深みを味わうことができます。そんな長年付き添う相棒だからこそこだわりの逸品を手元に置いておきたいものです。

注文で作成をした場合はお店によっても異なりますが、アフターケアに対応しているショップも少なくありません。万が一財布が壊れてしまった場合や、財布に何かあった場合、無償で修理や点検をしてくれるお店もあります。また、無料とまでは言わずとも、お手頃価格で修理対応をしてくれるお店も少なくありません。オーダーで頼んだ商品だからこそ対応してもらえる場合もありますので、参考にしてみてください。オーダーで作成したオリジナル商品というものは一生ものの大事な宝物になる可能性が高いでしょう。何かとメリットが多いので、財布を新調されたいと考えられている方はこれを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

RECRUIT