革財布はしっかりとお手入れをして綺麗に使いましょう

革財布はしっかりとお手入れをして綺麗に使いましょう


革は結構汚れやすい



財布には様々な形や種類、素材がありますが、その中に革財布があります。革財布こそが財布と思っている人もいるでしょう。そんな革財布ですが、革は、非常に汚れに弱い素材です。通常最初は固く使いにくい状態ですが、徐々に柔らかくなり馴染み、味が出てくるので好む人も多いでしょう。もちろん、使い続けると徐々に汚れが出てきます。革の場合それが結構目に見えて出てくることが多く、しっかりと手入れを行う必要があるでしょう。手入れをすることで汚れを綺麗にしつつ革財布の寿命を延ばすことが可能です。また、革を綺麗に魅せることも出来るでしょう。

革の財布を手入れする場合は道具が必要です。必要なものを集めて丁寧に手入れをするようにしましょう。保革クリームや防水スプレー、拭き取る布を用意します。しっかりと手入れをしたいなら専用のものを使用するようにしましょう。販売されている物の中には革を傷めるものもありますので注意が必要です。

また、手入れのタイミングについても考えましょう。綺麗に保つことも大切ですが、やりすぎると革の耐久性を著しく落とす可能性があります。また、やり方次第で革を傷めることになりますので気をつけましょう。月に約1回程度が目安となっていますが、乾拭き程度であれば普段からやっておくと良いかもしれません。より良い状態に保つためには2週間に1度手入れをすることをおすすめします。また、季節の変わり目などに関しては革にダメージが出てくることがありますので、そのタイミングにも注意して手入れをするようにしてください。



使用する場合の注意



革財布を手入れして保つことは重要な事ですが、その他にも使っていく上でも注意しないといけないことがいくつかあります。よく考えて革財布を使用するようにしましょう。

まず、前に使っていた財布の中身をそのまま同じように入れるのは避けることをおすすめします。特にカードや小銭などは注意です。この理由としては重さで革がゆるくなることがあるからです。革が伸びるとそれを伸ばすことは不可能ですので、長く使いたいと思っているなら少しずつ移動をしていくようにしてください。特に多くの小銭を入れると重くなるので注意しましょう。最初はできるだけ多く入れない方が良いです。場合によっては別の小銭入れに入れておくことをおすすめします。

次に汚れに注意するようにしてください。革は汚れに弱く、放置しているとそこから汚れが広がるがあります。それを避けるためにも汚れたらすぐにある程度拭き取るようにしましょう。ただ、しっかりと取ることが出来ない場合があります。その場合は最低限度拭き取る程度でも良いです。後々しっかりと綺麗に手入れをすれば良いです。あとは、防水スプレーを使用して雨や水対策をしておくと安心です。また、濡れた時に直射日光やドライヤーで乾かすことは避けるようにしてください。革に大きなダメージを与えます。

定期的に手入れや汚れのチェックをしてしっかりと対策をするようにしてください。それができれば長い間使い続けることが出来ます。ただし、それでも革などが劣化していきます。少しずつ油などもなくなっていきますので、その手入れも忘れないようにしましょう。



お手入れの方法について



革財布は手入れをしない状態が悪くなります。普通に使っていても気がつけば相当よれよれになり、革としての魅力を失うこともあるでしょう。いつも綺麗な状態を保って使用するためにも、手入れをしっかりとするようにしてください。手入れの方法と流れを紹介します。

はじめに財布についている細かな汚れやゴミを取り除きます。頑固な汚れは革専用のものを使用して取り除くようにしてください。できるだけ革にダメージを与えないようにしましょう。これくらいのことなら頻度が高くても良いです。ですから、小まめに手入れをするようにしましょう。次に、ある程度綺麗になったらワックスを革に付けるようにしてください。できるだけ柔らかい布を使用してワックスを伸ばすようにして塗りましょう。ワックスの量が多いと革に良くないので注意しましょう。ワックスが塗り終わったらベタつきがおさまり、乾くまで放置しておきます。ベタつきが取れたらブラッシングで余計なゴミを落として磨き上げてください。

このような流れで革財布の手入れをしていくのですが、そのためにも幾つか必要なものがあります。ワックスもそうですが、柔らかい布なども必要になります。特にワックスなどは革に適したものを用意する必要がありますので、しっかりと見極めて選び、手入れをするようにしてください。手入れの方法がわからない場合や、適した道具がない場合は、購入店からアドバイスをもらうことも一つの方法です。気軽に質問をしてみましょう。また、近年ではインターネットの普及により、知りたい情報をすぐに把握することが可能です。詳しく丁寧に記載されているサイトもあるため、検索してみるのもよいでしょう。

RECRUIT