革財布の修理とメンテナンスや革財布の選び方

革財布の修理とメンテナンスや革財布の選び方

革財布の修理について



財布は私達が生活をする上で必要な小物の一つです。例えばお店を利用してお金の支払いをする時などです。現在ではお金だけでなく、ポイントカードやクレジットカードを持ち歩く機会があり、財布の中にはこれらのカードを収納できるようにポケットなどが搭載されているので、お金を収納する以外の利便性も備えています。

現在、販売されているお財布の種類は複数ありますが、その中でも革製品は多くの人から支持されています。革財布は長年使用することで経年変化などを楽しむことができるなどの魅力があります。その他にもたくさんの魅力がありますが、長年使い続けていると修理をする必要性に遭遇する人も少なくないでしょう。そのため、まだ故障しない状態でも修理について知っておきたいと考える人もいるのではないでしょうか。

まず修理ができるパーツを把握します。基本的に革製品は修理が難しく、もし損傷が激しいと修理をすることができません。修理ができたとしても大部分においてパーツを取り替えなければならないので購入した方が安く済ませられることも珍しくありません。しかし、少しの損傷であれば修復が可能です。例えば革部分の小さい穴であれば補修ができます。また、革部分以外のパーツであれば取り替えられる可能性もあり、改善できる可能性があります。例えばファスナーは比較的修理がしやすいです。革財布の中には、ファスナー付きの製品が多いです。ファスナーを付けるポケットは小銭を収納する部分になっていることが多いです。ファスナーは開け閉めする機会が多いので、ファスナー部分だけが破損してしまい開け閉めがスムーズに行うことができなくなることがあります。ファスナーは革財布によっても異なりますが、その部分だけを取り換えることもできるので、修理が他のパーツに比べて容易になります。

一方で修理が難しいものは糸のほつれになります。実際に革財布は縫い合わせて制作しており、長年使用しているとその部分がほつれてしまうこともあります。ほつれが発生するとその部分から劣化して最終的には縫い合わせてあったパーツが剥がれてしまう可能性もあります。洋服も糸で縫い合わせて制作をすることになりますが、洋服のほつれは簡単に修復できることもあります。しかし、ハンドメイドの革の糸のほつれに関しては修復が難しいことも多いです。基本的に自分の力で行うのではなく、業者などを利用して自分でできない部分はサポートを受けることになります。



革財布のメンテナンスについて



革財布の糸がほつれたり、革部分に穴が空いた時は修理をすることになりますが、日常的に使用しているのであれば定期的にメンテナンスをする人が多いです。例えばメンテナンスをすることで長持ちしやすくなります。日常的にお手入れをする時は天然素材の布で乾拭きをします。この時の布は柔らかい素材を使用します。乾拭きをする時は強い力を入れることはできるだけ避けて優しく拭きます。日常的なメンテナンスではなく、本格的にメンテナンスする時は専用のワックスなどを使用します。基本的にワックスは革財布用のものを使用します。また、汚れがある長財布をお手入れする時は専用のクリーナーを使用して汚れを取り除きます。

また、普段から使用していると革財布が濡れてしまったという経験がある方もいるでしょう。基本的に革は水に弱いため、できるだけ濡れないように管理するのが一般的ですが、雨の日に外出する時は濡れてしまうことも珍しくありません。もし濡れてしまった時は乾いた布で付着した水分を取り除き、その後に陰干しをします。濡れてしまった場合に染み込んだ水分を取り除くためにドライヤーを使用する人もいますが、ドライヤーの使用は革に大きなダメージを与えてしまう可能性があるので、そのような乾かし方は控えるようにします。このようにメンテナンス方法はいくつかありますが、普段からの使い方を見直すことで長持ちさせることができます。例えば小銭やカードをたくさん入れないで使用するなどです。



革財布の買い換えをする時の選び方



現在では革財布は多くのお店で扱われ、その種類も豊富にあるため、買い換えをする人の中にはどのような財布が自分に適しているのか知りたい方もいるでしょう。まず選ぶ時はタイプを選択します。財布には主に種類を二つに分類でき、それは長財布と折り畳み財布です。どちらも利点が数多くありますので、取り入れたい魅力によって財布のタイプを選択しましょう。

選ぶ際には革の素材も確認します。例えば素材には牛革などがあります。その他にも種類が豊富で、革の種類によって光沢などが異なります。革財布を選ぶ時は色も選択しましょう。色はそれぞれの財布で異なっており、買い換えをする人それぞれで好みなどがあるので、好みのカラーを選択しましょう。商品を選ぶ時はその他にも値段や仕様を確認します。

RECRUIT