革財布の作り方を把握して手作り感を楽しもう

革財布の作り方を把握して手作り感を楽しもう

革財布の作り方を探ってみよう



革製品専門店の職人による革財布の作り方を説明します。工程を知っておくだけでも革製品購入がいっそう楽しみとなるでしょう。

まずは、型紙を裁つところからですが、これは本断ちと言われ、パーツごとに革を断ちます。この時、重ね切りをすれば早く作業が終わるのでしょうが、こだわりのある職人は完成品の美しさが損なわないように重ね切りはしません。そして黒塗りという工程をたどります。コバの色付けですが、専用の染料を丁寧に2度塗りします。この作業は専門性が求められる繊細な作業です。そして、熱したコテで細かい線を入れるネン引きは、パーツのコバの縁に線を入れます。この細かな線が革製品の美しさを引き立てるアクセントになるのです。その次にコバ磨きをして、ネン引き済のパーツにミシンをかけます。この時のポイントはステッチを入れる場所やピッチに気を付ける事です。それから、糊引きした革のヘリを内側に折り返すという強度を高めるヘリ返しの作業があります。その際、不自然な曲がりが出ないように細心の注意を払って作業をし、仕上げとして布糊を付けて綿布で磨きます。こうすることでコバにツヤが出て面取りも出来ますから、手触りも最高のものになるのでしょう。

こうした丁寧な作り方で作られたのが、職人による手作りの革製品で革財布もこの工程をたどって作られています。中には厳しい基準をクリアした外国製の高級レザーを使っている製品もあり、素材の良さがうかがえますが、それを活かした作り方で毎日、作業に取り組んでいる職人あってこその革製品でしょう。革財布等を購入しましたら、このような手作り感を実感して、楽しみながらも大切に使うことが大事です。職人の真心がいきた革製品でしょう。



職人の手作りのぬくもりと特徴



職人の手作りの革製品には、手作りのぬくもりが感じられるでしょう。それというもの、その作り方の工程の中にあります。たとえば、最初の作業である「本断ち」における職人芸は、革はその部位によってシボの出方が違うのですが、その違いを全て把握し、パーツを切り出す際にシボを揃え、柄合わせをします。こういった作業は一流職人による高水準の仕事でしょう。このように一生懸命作られた革財布を手に取りますと、職人の手のぬくもりが感じられるのではないでしょうか。こういった作業が機械であれば、柄が妙にそろいすぎていて不自然ですから、人の手によるぬくもりは感じられないでしょう。

そして、このような職人の手作りの革財布を始めとする革製品の特徴は、各部分のこだわりでしょう。革財布を一例にその作り方から見てみますと、カード収納部分の段裏のパーツを重ねるという作り方で外側には細長く切った革を貼りますので、1枚になる部分がなく、頑丈な作りです。束入れが折れる部分の「有」にも工夫があり、膨らまず、折れ過ぎないと言うちょうど良い曲線具合になっています。そして、表側の漉きが極限まで薄いというのも職人技で、こうすることで出るしなやかさも特徴の一つでしょう。また、型崩れ防止のために特殊な芯を付けてあるので、丈夫で長持ちするのです。

このような数々の工夫がみられる革製品は職人の技と工夫のたまものとして、古くから受け継がれてきているのでしょう。本当に良い物を買い求めたいと思う方は、こうしたこだわりの品を選ぶということも選択肢の一つです。その革製品の作り方に見られる細部のこだわりは仕上がりに大いに影響を与えているのでしょう。



革財布のお手入れ



職人による手作り革財布を購入しましたら、お手入れに気を付けないとその作り方が繊細なために傷んでしまうかもしれません。お手入れの仕方について説明します。ただし、お手入れには専用のクロス、ワックスが必要ですので、お買い求めのお店で、どこで、そのような物を購入すれば良いか聞いてみましょう。

まずは、ブラッシングです。軽くブラッシングをして汚れを落とし、ひどい汚れには革靴用の汚れ落としの製品を使います。次にレザーに適したワックスを柔らかい布を用いて薄く塗りましょう。その量は米粒2~3粒程度です。その後、ワックスにより時間が異なりますが、そのワックスに適した時間内で放置します。ここで、よくワックスを革となじませますので、べたつきがなくなる程度の時間が良いでしょう。

そして、仕上げです。もう一度、ブラッシングをし、ステッチ模様のある革製品でしたら、そこに入り込んだワックスは丁寧に取り除き、付属のネル生地等があれば、それを使って磨き上げましょう。そのような生地がなければ、お宅にある優しいネル等の生地で大丈夫です。ただし、革の種類によって、シミ、色落ちになってしまう場合がありますから、このお手入れ法を実行する前に、目立たない部分でテストしてみると良いでしょう。

このようにして、お手入れしながら、使っていると革製品の輝きは増してくるでしょう。革製品は長く愛着がもてるデザインを選び、長年使えるように大切に扱いましょう。

RECRUIT