革財布のお手入れ方法とメンテナンスアイテムをご紹介

革財布のお手入れ方法とメンテナンスアイテムをご紹介


本革でつくられた財布を長く使い続けるためのお手入れ方法とメンテナンスアイテム



革財布の中でも、本革を素材とするものを使用・保管するにあたっては、お手入れの方法やメンテナンス用のアイテムにも気を配ることが大切です。これから本革財布を購入する人も、すでに本革財布を持っている人も、その類の情報を収集し、理解を深めておくことをおすすめします。

本革財布のお手入れ方法としては、まず乾いた布を使って財布を拭き、その後ブラッシングを行ないます。ブラシをかけることで、財布に付着しているチリやホコリを落とすことができます。表面だけではなく、側面も忘れずにブラッシングしておいて下さい。

本革は、油分が不足するとひび割れや劣化の原因となるので、注意する必要があります。そのようなトラブルが発生するのを未然に防ぐために、皮革専用のクリームを丹念に塗り込み、うるおいやツヤを出します。クリームを塗る場合には、まず財布の目立たない部分に試し塗りをしておきましょう。その後、乾いた布に適量のクリームを取り、布の上で馴染ませてからサークルを描くような動きで財布に馴染ませていきます。この時には、無駄な力は入れないよう注意し、優しく栄養を染み込ませるような気持ちでお手入れしましょう。

使用するクリームによっても違いはあるものの、財布によってはこの段階でも購入した当時のようなツヤが戻って来るのをお分かりいただけることでしょう。ご自身がお手入れすることによってツヤを取り戻した財布には、さらなる愛着が感じられるものと思われます。そして、クリームを塗り終わった後は、革の奥にまで栄養を浸透・定着させるために、そのまま5分ほど放置して下さい。



実際に革財布のメンテナンスをする方法をご紹介



次に、余分なクリームを飛ばしたり、ホコリを落としたりするためにもう一度ブラッシングを行ないます。また、ブラシをかけることによって、財布の縫い目についてしまったクリームも取り除くことが可能になります。その後、財布の表面にホコリやゴミが付着していないことを確認した上で防水スプレーをかけて仕上げます。この時には、適度な距離を取り、財布全体にまんべんなくスプレーがかかるようにします。また、スプレーをかける時には片方の手に財布を持ってお手入れして下さい。

そのようにして、1度防水スプレーをかけた後は、財布の表面に触れないように気をつけながら自然乾燥させます。そして、乾いた後にもう1度防水スプレーをかけておきます。手間がかかってもスプレーを2度繰り返すことにより、防水効果を定着させることができます。革財布が水に濡れるとシミの原因にもなるので、しっかりと対策を講じておきましょう。

なお、革財布のお手入れに慣れてきたら、防水スプレーのかけ方にしても自分なりのスタイルを見つけ出すことができるようになります。例えば、1度目のスプレーをかけた後にそのまま1~2分ほど放置し、乾燥し切る前に乾いた布で拭き、2度目のスプレーがけをしてから自然乾燥させるという方法もあります。

これまでにご紹介してきた革財布のお手入れは、革の表面が乾いてきたと思うタイミングで行なって下さい。お手入れに掛かる時間は、慣れて来るにしたがって短縮することができます。革財布は、メンテナンスをすることで綺麗に長く使い続けることが可能になります。



自分にとってお気に入りのお手入れアイテムを見つけ出すために



革財布のお手入れをするためのアイテムにも、さまざまな種類があります。それらの商品は、自分で色々と使ってみて試行錯誤をした上で、お気に入りのものを見つけ出すというのも良い方法です。ただし、やみくもに片っぱしから商品を購入していたのでは、コストや時間、エネルギーの無駄が多くなってしまうでしょう。そのようなリスクを減らすために、革財布のお手入れを長い期間に亘って行なってきた人からアドバイスをしてもらうのもおすすめです。教えてもらった方法を実践すれば、革財布をさらに長く使い続けることができますし、豊富な経験の中から導き出されたノウハウを伝授してもらうことが可能になります。

伝授してもらった方法によって、お手入れのアイテム選びに失敗するリスクを減らすことができます。ただし、他人の意見ばかりに頼っていたのでは、いつまで経っても自分に合ったお手入れアイテムを見つけ出すことができないということにもなり兼ねないので、注意する必要があります。

革財布のお手入れに使用するためにおすすめのアイテムを教えてもらうと言っても、人によっては好みもあり、さまざまな違いがあるというのが実情です。そのような状況の中では、自分にとって有益な情報を見つけ出すための判断力に磨きをかけることが大切です。また、自分にとってのお気に入り商品を見つけ出すためには、多少なりとも試行錯誤をすることが必要となるでしょう。したがって、最初から大量のアイテムをまとめ買いするのは避け、少しずつ購入して自身で試してみた結果を見ながら比較・検討するなどの工夫をすることが大切です。

RECRUIT