革製品の魅力や保管方法について

革製品の魅力や保管方法について


小物は革製品を選択しよう



これから小物を購入しようと考えている方もたくさんいるかと思われますが、中でも革製品の購入について検討をしている方も多いのではないでしょうか。近頃は多くの人達が革の財布やバッグなどを持っていますが、人気の理由としてはそれらに様々な魅力が存在しているからです。実際に購入する前に、その魅力について知っておきたいと思っている人も多いかと思われますので、今回はどのような魅力があるのかについて紹介をしていきます。

まず、一つ目は高級感があることです。革製品には触れたときの触り心地の良さや吸い付くような感触があり、他の素材にはない天然素材だからこそ味わえる魅力が存在しています。また、それぞれの革の素材によって個性があることも特徴となっています。基本的にはシンプルなデザインとなっているものが多く、質感などが上質なので高級感があります。大人な魅力を感じさせる素材となっているので、特に社会人には人気のアイテムとなっています。続いて二つ目はどのような場面にも合う素材だということです。例えばカバンや財布などは、できる限り仕事でもプライベートでも使えるタイプを選びたいと思っている方が多いのではないでしょうか。特に財布に関しては、使い分けるとなるといちいち中身の入れ替えを行わなくてはならないので、何かと面倒です。そのため、なるべく同じものを使いたいと考えることが一般的でしょう。しかし、あまりにも派手な財布を使用していると、仕事などには合わないこともあり、バランスを整えるのが難しくなります。革製品ならシンプルなデザインが多く、フォーマルにも合わせることができますし、プライベートなどでも私服に合わせやすくなっているので便利です。このように、場所や場面を問わず使用することができるというのは革ならではの魅力となっています。続いて三つ目は経年変化を楽しむことができるというメリットです。素材は色々とありますが、その中でも革製品は使い続けることによって、劣化をするのではなく、色味が深くなり、艶が生まれてくるという性質があります。購入した時と違った楽しみを味わうことができるのも、人気がある理由の一つとなっています。

このように、今回は革の持つ魅力について紹介をしましたが、メリットとなる点は他にもいくつか存在しているので、素材選びで悩んでいるという方は、それぞれのメリットなどを見ながら検討していくと良いでしょう。



革製品を保管する時に知っておきたいこと



革製品は長年使用することができる素材となっていますが、使い方によって劣化具合は変わってきます。その中でも保管方法が大切だと言われており、しっかりと正しい知識を身に着けていれば一生ものとして使うことができます。今回は長く使用したいと思っている方のために、保管をする際の注意点について紹介します。

まず、一つ目は湿気を避けることです。日本の場合、夏の時期は雨が多く、特に湿気が溜まりやすくなりますが、この時期に保管する場合には劣化しないように注意する必要があります。湿気が溜まりすぎてしまうとカビの発生の原因になったりするなど、劣化が進むので、保管する時にはなるべく除湿剤を置くなどの工夫をすると良いでしょう。続いて二つ目は乾燥させ過ぎにも注意が必要だということです。湿気に弱いなら乾燥状態にすれば良いと思っている人もいると思いますが、乾燥をさせ過ぎている空間に保管するのもあまりよくありません。乾燥のし過ぎは、革の表面が過度に乾燥し、ひび割れに繋がる可能性もあります。ひび割れを引き起こしてしまうと長く使うことができなくなってしまうので、できる限り保管する時には定期的に革の状態を確認すると良いでしょう。また、保管場所が極めて乾燥していると思った場合にはワックスなどを使用して、乾燥対策もするようにしましょう。

このように、気をつけたいポイントは二つ存在しているので、大切に使うためにも保管方法は事前に調べておくと良いでしょう。



革製品が直射日光を避けた方が良い理由



革製品は丈夫ですし、高品質な素材を使用しているので、簡単に劣化をすることはありませんが、弱点があります。それが直射日光です。その他にも水濡れなども弱点に挙げられますが、今回は直射日光に当ててはいけない理由について紹介していきます。

例えば水分を乾燥させるために直射日光に当てて保管している人もいるかと思いますが、あまりにも長い時間直射日光に当ててしまうと、人間の皮膚と同様に日焼けをするので、革の色が変わってしまう場合があります。日焼けをすることによって色あせなどの原因になることもあります。色あせをしてしまうと見栄えも悪くなり、通常通り使うことができなくなる可能性があります。知らずに直射日光に当ててしまうと、後悔をする可能性も高くなるので、革製品の手入れや保管をするという人は直射日光を避けるようにしましょう。

RECRUIT