革製品のアフターケア用品と使い方

革製品のアフターケア用品と使い方



大切な革製品を長く使っていくために



天然素材の良さは、なんといってもその質感にあるでしょう。生きているという表現もできますが、革素材はそのままにしておくと質感を失っていきます。本来持っている質感や風合いだけではなく、耐久性も考えていくためには、アフターケアが重要になってきます。どんなことが革製品にとってダメージを与えることになるのか把握し、そこから対策を考えていかなければなりません。

革製品にとって、最もダメージとなるのが水分です。水が染み込むことによって、シミができてしまったりすることもあります。色が移ってしまうということもあり、とてもダメージを受けることになります。型崩れということも起こるほどダメージを受けるため、濡れたらすぐに乾かすということが重要になってきます。まずは濡れないようにするということが重要なポイントになってくるでしょう。

革は呼吸していると言われることもありますが、乾燥すると潤いも油脂も失ってしまいます。風合いに変化が出てくる原因で、逆に湿気が高い状態でもダメージを受けてカビが入ることも考えられるため、適度な状態を作っていく必要があります。

ダメージということでは、負荷をかけすぎるということも挙げられます。これは使い方につながる部分ですが、同じ部分だけに負荷をかけるといったことは問題です。同じところを折り曲げ続けるといったことは特に大きな問題になってくるので、丁寧に考えて使っていくことが大切です。こうしたダメージは、アフターケアによってかなり対応することができます。そのためにどんなものを使っていかなければいけないのか、長く使っていくためにはどうすればよいのかを考えていくべきでしょう。



クリームを塗るときにはまんべんなく



基本的に革は油分を持っており、使っているだけで自ら艶が出てきます。メンテナンスフリーとして考えている人も多いのは、こうした能力を持っているからですが、その力をサポートしてあげるようにするのが一番です。

雨などで濡れてしまったときには、とにかく水分をふき取り日陰で乾燥させるといいでしょう。シミが出てしまったときには、他の場所にも軽く水分を含ませていき、陰干しすることで目立たないようにすることができます。

カサついてしまったときは、油分が失われて足りない状態です。この時には、補ってあげなければならないので、コンディショニングワックスをきれいな布にほんの少し取り、全体に塗っていきます。薄くまんべんなく塗るのが重要で、きれいに伸ばしたらあとは乾燥させて、もう一度きれいな布で乾拭きすれば完了です。できるだけ柔らかい布を使うことと、全体に伸ばすということがポイントで、一か所に集中させないようにすると、シミが出たりしません。

革によって専用のものがあるので、アフターケア商品として販売されているものを選ぶといいでしょう。適した素材が使われているので、傷みが出たりシミになったりしにくくなります。初めて使う場合には、テストとして目立たないところに塗ってみるといいでしょう。試しに塗ってみることで、どんな状態になるのかを知ることができます。



ほこりはしっかりと落としていく



革製品のアフターケアを考えるうえでは、ほこりなどはしっかりと落としておくということも考えておくべきでしょう。革製品は、使っている間にさまざまな物に接触します。特にほこりは付きやすいものですが、一口にほこりと言ってもさまざまなものがあることを忘れてはいけません。これが変質させる原因になることもありますし、コンディショニングワックスを塗ったりするときにも邪魔をすることがあります。傷をつけてしまうような原因にもつながるので、きれいに掃き落とすことが必要になってくるでしょう。

このような時にはブラシを使うと、簡単に落とすことができるので便利です。ブラシ類ということでは、クリームを塗るためのブラシもあります。どうしても体と接触することの多い革製品の場合、乾燥ということも心配しなければいけません。乳化クリームを使うようなときには、柔らかい布を使う代わりにアフターケア用のブラシを使う方法があります。革の奥まで染み込ませることができるようになるため、油分の補給にはぴったりです。光沢を出すということを考えても、奥まで染み込ませた方が美しくなります。ちょっとしたことではありますが、うまく利用していくことによって、革製品を美しく保つことができるでしょう。

光沢を求めるときには、ブラシ掛けをした後にストッキングで磨くというのも方法です。靴にも行われることがある方法ですが、磨きをかけていくだけで全く違う表情を見せてくれます。あまり光沢が必要ないというようなものには使わなくても問題はありあませんが、軽く磨くだけで、大きな効果を生み出せる方法です。革製品は、使えば使うほど味わいが深くなっていきます。そのためにも、アフターケアは欠かさないようにしていくべきでしょう。

RECRUIT