革製の長財布にある特徴とは?魅力やメリットについて

革製の長財布にある特徴とは?魅力やメリットについて

二つ折り財布はコンパクトさが売りである



財布の形に固執する人も多いと思われますが、大きく分別すると「二つ折り派」と長財布派」になり、どちらも支持する人達の理由が存在します。二つ折り財布のメリットは、ズボンのポケットに首尾良く収納出来ることです。使用する度に、探す必要性や時間のロスを防げます。サイズも小さいので持ち運びも便利ですし、紙幣や硬貨も出しやすいので焦ることも皆無です。しかし二つ折り財布のデメリットは、財布を折り曲げズボンのポケットに収納しなければならない、そして、座った際には押し潰されてしまうという行為が多く、壊れやすく劣化が早いのです。そして、内部の収納スペースが狭いため、現金やカードを多くは入れられません。紙幣には必ず折り目が付きますので、几帳面な方は気になるはずです。二つ折り財布は、硬貨やカード類を多く入れ過ぎると膨らみが目立ちますので、芳しくは見えなくなることを注意するべきです。硬貨やカードの他にも、レシートや領収書、明細を次から次へと収納していけば財布は膨らんでしまい、折るのにも一苦労になってしまいます。

もちろん害はありませんが、イメージを念頭に置いていなければその財布の持つ魅力も半減してしまいます。二つ折り財布はコンパクトさが売りですが、財布の中に首尾良く色々なものを収納したいのであれば、長財布を選択するべきです。型崩れもありませんし、収納能力があります。カード類が多くてカードケースを持たなければならないという手間も省けるという利点もあります。もちろん、高貴さやステータス感を優美に演出することが可能ですから、日々の生活に映えやすい財布とも表現出来ます。そんな大人の贅沢さを感じてみたいものです。



長財布は利便性が高い



長財布は高い収納能力があり、用途に合わせたスペースが用意されていますので、紙幣や硬貨、カード類などの出し入れに困ることはまずありませんし、二つ折り財布と違い、それらが何処に収納されているのか瞬時に判別出来るのです。そして、財布の収納先はスーツ類の内側ポケットに入れることが多くなります。このことにより前述しましたが、財布そのものの劣化は遅くなるという丈夫さが存在しますし、紙幣に限っても、折り曲がるということは発生しません。ただ、硬貨スペースが無いのであれば、支払うときには時間を浪費します。スーツを着る機会が多い方、カバンやバッグを持ち出掛ける機会が多い方に重宝されることはまず、間違いありません。

おしゃれで高貴さ、ステータス感を漂わせるイメージを演出出来ますし、財布の持つ魅力を存分に発揮出来ます。もちろん、押し潰されるというダメージを残すこともありませんし、入念に手入れを行っていれば、長期間使用出来ます。案外、女性の方が長財布を使用されている比率が高いのも特徴であります。昨今は、ポイントカードも多種ですし、カードを選別するのにも時間を浪費しますし、それに輪を掛けて、紙幣や硬貨の出し入れに時間を掛けるわけですから、利便性を重視されているのではないかと推測されます。そして、女性が外出するときにはバッグを持っていく方が多いので、財布を収納出来るアイテムが身辺に存在しているというわけです。財布は使用している人の別の姿を反映しているとも言われますから、年月が経つにつれ形を変え、魅力を増していく財布の姿も楽しみになってくるはずです。



革製の財布を持つのであれば、長財布を持つべき



財布を購入するのであれば、革製品を選択したいものです。品質の良さはもちろんのこと、素材が布製の財布よりは使用するに当たっての信頼性があるのです。例えば、日本製であれば職人が素材を吟味し、作製した過程が存在するわけですから、耐用性に信頼を置けます。その耐用性は、手入れの入れ具合によって変化してきます。手入れをしないのであれば傷んでいくだけですが、手入れを習慣化すると持ち主の心に馴染み、満足へと変化します。革の手入れはオイルを使用するというイメージがありますが、オイルは、手入れの方法や素材によっては深刻なダメージを残す可能性がありますので、注意してください。

日常的にブラシを掛け、傷を付けそうな不純物を除去するもしくは、柔らかい布などで優しく拭き上げるような手入れを習慣化するのがポイントです。艶が育ち始め色が深みを増していくという過程は人間と同じですから、手入れの大切さは理解出来るはずです。革製の長財布を持つと、それまで考えもしなかった感情、そして景色が拡がるはずですからぜひ、購入し使用してみるべきです。財布を育てるという感覚は、誰でも持ち合わせているわけではありませんし、気付くその人にしか出来ないことです。もしかすると、使用している財布を見ると、その人の人生や価値観が垣間見えるかもしれません。人生同様、傷付いているのもときには良いかも知れませんが、なるべくなら傷付くことなく、永遠に綺麗なままでいたいと思うのは、少々贅沢でわがままな希望なのもしれません。その希望を財布に託してみてください。

RECRUIT