革の財布の購入やお手入れについて

革の財布の購入やお手入れについて


財布を選ぶときに考えたいこと



財布はお金を入れるためやカードなどを収納するために必要不可欠な小物です。子供から大人まで所有している小物ですが、購入する時にはどんなことを考えて選ぶのでしょうか。実際に購入を検討している方で迷っている方のためにも基本的な選び方についてお伝えします。

まず1つ目に考えたいことは素材です。人それぞれ財布に求めている条件は異なりますが、素材はできる限り考えた方がよいポイントです。素材によって特徴は異なりますが、特に革なら耐久性にも優れており、長く使うと革が馴染んでくるので使いやすいです。また手入れをしていれば味も出てきます。その為素材の中でも最も人気が高いと言われています。素材の選択で寿命なども変わるので、予めしっかりと考えてから選ぶと後悔することはないでしょう。

続いて2つ目に考えたいのが形です。人それぞれどのような形が好みか異なりますが、大きく分けると折りたたみタイプと長財布、コインケースなどが存在しています。それぞれ特徴は違い、例えばカードや小銭、お札などあらゆるものをたくさん収納するという方は長財布をセレクトすると使い勝手はいいでしょう。しかし、収納などはあまりしない人や、できる限りポケットに収まるほどの小さなサイズを選びたい方は折りたたみタイプを選ぶと後悔はしません。また会社では小銭だけ持ち歩きたいという人はコインケースを選ぶなど、それぞれ用途で選び方も変わりますが、どれが自分のライフスタイルに合っているかを事前にチェックしてみるとよいでしょう。

続いて3つ目に選び方として大切なのが価格です。実際に素材によっても価格は異なり、同じ素材でもデザインなどで価格は変わります。予算についてあらかじめ決めておかないと迷いやすくなるので、できる限り予算は決めてから選ぶようにするとよいです。ここでは選び方の基本について説明しましたが、これから購入を検討している方で何を選べばいいか迷っている人はここで説明した内容もチェックして参考にするといいでしょう。



革のお手入れについて考えよう



革の財布を手に入れたらお手入れについてもある程度の知識を身につけておいた方がいいと言われています。具体的にどんなお手入れ方法があるのか気になる方もいると思うので、ここでは正しいお手入れの基本について紹介します。

まず、お手入れの基本としては汚れなどを取り除く作業をします。革に汚れなどは付着するのかと思う人もいますが、実は埃などが付着することもありますし、特に財布の場合は普段から使用するので手垢や様々な汚れがつきやすいです。その為除去する必要がありますが、取り除く方法としてはブラシを使用します。基本的には毛先の柔らかい専用のブラシを使用してブラッシングを行います。これだけで汚れは簡単に落とすことができます。しかし、中には酷い汚れなどもあります。ブラシで取り除けない場合は革専用の消しゴムなどを使用することで取り除くことができるので挑戦してみてください。ブラシで汚れを取り除いたら次に塗布を行います。これも専用のワックスが必要になり専門店で購入する必要がありますが、この作業をすることで保湿をすることができますし艶なども出すことが可能です。しかし、塗りすぎると乾くのが遅くなるので注意が必要です。

ワックスを塗ったら乾燥になりますが、乾燥の目安としてはワックスのベタベタがなくなる程度です。ベタつきがなくなったら仕上げをしましょう。仕上げでは再度ブラッシングを行うのが基本です。ブラッシングをすることでしっかりとワックスを取り除くことができます。このように、ここで説明した内容が基本的な手入れ方法です。誰でも簡単にできるので、革財布を購入したらしっかりお手入れを行い長くきれいな状態で財布を使えるようにしましょう。



革財布を長く使うためのポイントとは?



革の財布は長く使うために手入れが必須となります。しかしその他にも長く使うためには気を付けたいポイントがいくつか存在しています。新しく購入した財布を長く使いたい人のためにもここではポイントの紹介をします。

まず長く使うためにはズボンの後ろのポケットに入れるのを避けることです。特に男性は後ろポケットに入れている人が多いです。しかし、お尻は意外と汗がかきやすい為、湿気が多く革の劣化の原因になります。また、頻繁に座る場合は型崩れの原因にもなりますし、摩擦も発生するのであまりよくありません。長く使いたいならなるべく鞄などに入れて使用するとよいです。

また、保管方法でも寿命が変わります。例えば圧力がかかるような場所に長く保管すると型崩れが発生しますし、多湿の環境に置いておくとカビなどが生える可能性も高いです。また、虫などの影響があるところでは虫食いなどの原因となる可能性もあります。保管方法も長く使うためには重要なのでチェックしておきましょう。

RECRUIT