選び方から考える長財布

選び方から考える長財布


型で選ぶ



二つ折り、がま口、馬蹄型や箱形の小銭入れ、財布には様々なタイプがあります。どのタイプもそれぞれ特徴があり、用途によって使い分けることができます。その中でも長財布は人気のあるタイプのひとつでしょう。スリムな形状は、おしゃれでスマートさを感じさせます。お札に折り目がつかないという利点があり、男女を問わず安定した人気を誇っています。

長財布は、かぶせ型とファスナー型が代表的なタイプで、持つ人の考え方や性格によって選び方が決まってきます。まず、かぶせ型と呼ばれる蓋となる部分にファスナーなどの留めが付いていないものは、そのスマートさが魅力です。長財布の中でも一番のスリムさで、デザインもシンプルなものが多いことからビジネスやフォーマルなどの改まった場面が似合います。スーツやコートなどの内ポケットから引き抜くように取り出す姿は、まさに大人の雰囲気で、財布の美しさが際立ちます。ただ、小銭やカードを沢山入れていると、かさばって膨らみを持ってしまうため、財布だけでなく着ているものの形にも影響を与えてしまいます。また、蓋が固定されていないため落とすと中身がばらけてしまう恐れがあります。

そうした事態を避けられるのがファスナー式のものです。こちらは財布本体の周り三方、もしくは二方をファスナーで閉じる形式で、かぶせ型と比べると若干厚みが出ます。それだけにスマートさが物を言うスーツなどには合わないものもあり、どちらかというとポケットよりは鞄に入れた方が無難でしょう。

長財布に見られるふたつのタイプ、どちらにもそれぞれの持ち味があり、どちらが良いとは言い切れません。使う人自身がそれぞれの特徴を知ったうえで、使う場面によって使い分けるのもひとつの方法といえます。



材質を考える



革を頂点に布地やナイロンなど多様な材質がある長財布ですが、その選び方はやはり「使うシーンに合わせる」のひと言に尽きるでしょう。とはいえ、場面に合わせて複数揃えるのも躊躇してしまいます。そんなとき、オールマイティに活躍してくれるのが革で作られたものです。

革で作られた長財布は、そのデザインも多様性に富んでいます。あえて何もせず素材の良さを生かしたシンプルなものがあるかと思えば、存在感のある型押しをしたものもあり、見ているだけでも飽きません。オーソドックスなものからカジュアルなものまである中で、すべてのものに共通しているのが、一目でわかる材質の良さです。それ故に、派手なデザインを施したものでも決して下品にはなりません。

もちろん革以外でも上品さ漂うデザインのものはありますが、やはり、革のきりりとした上品さには及ばないのが実情です。そして何よりも革財布の一番の強みは、場所をほぼ選ばないということです。改まった席はもちろん、ジーンズのポケットから取り出しても様になります。また収納する場所も、スーツの内ポケット、クラッチバッグ、リュックサックとすべての収納場所でその魅力をいかんなく発揮します。

使い込めば使い込むほど味が出てくる革の長財布に愛着を持つ人も少なくありません。財布を新調するときは、候補の一つに入れたいものです。値段も革の種類などによって差はありますが、お気に入りの一つが見つかれば、ほぼ毎日使うものでもあるので意を決して購入してみてはいかがでしょうか。



ポイントを絞り込んで



長財布といえども、それぞれに個性があります。それだけに、使う人のライフスタイルよって選び方のポイントが絞られてきます。例えば、現金よりもカード決済にする機会が多い人ならカードの収納に目が行くでしょうし、現金払いを基本とする人なら札入れの状態に気を配るでしょう。小銭入れと札入れを分けて使う人の場合は小銭を収納する部分は不要ですし、逆に小銭とお札を一か所に収めたい人には小銭を入れるスペースがしっかりと確保されていることが重要になってきます。

女性であればデザインを重視して、好みの色や細かなポイントのこだわりで選ぶ方もいるかもしれません。ですが、機能性を重視する方にとっては上記のような使い勝手や、使っていないときに財布をどこにしまっておくかで、自ずと財布のデザインや材質が決まってくるのではないでしょうか。

収納場所は着衣のポケットなのか、それとも鞄の中か、鞄だとしたらその収納スペースはどれくらいの広さなのかも検討する必要があります。他にも鞄の材質は何か、一緒に鞄に入れるものは何か、一緒に入れるものと財布が接触するかしないか、突き詰めていくと自然に釣り合った一つにたどりつくはずです。

よく使いこまれた財布を見ると、その人の愛着が伝わってきます。財布は一部ではありますが、あなたの財産を収める場所です。大切な財産を収める場所なのですから、大切にしなくてはなりません。財布を新調するときは、しっかりとした目で品質を見極め、あなたの財産を収めるのにふさわしいものを選んでください。そして長く大切に使うのはもちろんのこと、財布とともに素晴らしい時間を過ごしてください。

RECRUIT