通販で革製品を購入する際に重視したいポイントとは

通販で革製品を購入する際に重視したいポイントとは




通販で革製品を選ぶ際には素材重視



革製品は、素材重視のおしゃれなアイテムとして、財布やバッグ、ベルトなどさまざまなものがあり、プレゼントとしてもとても喜ばれるものです。通販では、さまざまなこだわりをもつショップのなかから好みや予算によって比較検討しながら選ぶことができること、お店にわざわざ足を運ばなくても自分の好きな時間にオンラインオーダーができること、市場価格よりも格安で購入することができることなどさまざまメリットがあります。

革製品を選ぶポイントとして最も重視したいのが素材です。スタイリッシュで皮の王様ともいわれる牛革は、人気ブランドを数多く扱うショップでも主力商品となっています。牛革は、牛の性別や年齢、部位、加工方法などによって見た目の色や風合い、肌触りなどが全く異なるため、使う人の年齢や職業などを選ばず、どんな方でもしっくりとなじむものです。生後、半年以内に去勢されたのちに、2年以上経過した雄牛からのみとれる「ステアハイド」、子牛からとれる「カーフスキン」、牝牛からとれる「カウハイド」など、バリエーションが豊富です。

牛革をロウで漬け込み、磨き上げながら耐久性を高める「ブライドルレザー」は、皮の表面にロウが白い粉のように浮き出ており、こだわりの肌触りや長年にわたった色や風合いの経年変化を楽しみたいという方にもピッタリです。また、一度は手にしてみたい最高級レザーとして有名なのが「コードバン」です。しなやかで繊細な手触りは、身に付けているだけで幸福な気持ちを味わうことができるもので、経年変化によって独特の風合いを楽しむことができます。世界中で1ヵ月に数千頭の牛からしかとれないと言われている希少価値の高い革なので、特別なプレゼントとして贈るのにも適していると言えるでしょう。



本革と合皮の違い



革製品には、天然皮革である本革と合成皮革である合皮があり、どちらも通販で手に入れることができます。牛革やクロコダイルなどの動物の革を使った本革のバッグや財布、靴などは、イタリアやフランスなどを中心としたヨーロッパで多く生産されています。昔から、革文化が根付いていた地域であるため、優れた素材を見極めたり、加工したりする生産者や加工者の技術が高く、それぞれに伝統的な製法にこだわっています。本革のものが好きな方の多くは、革本来の風合いが経年とともに変化していくことにも魅力を感じているようです。色の濃度の違いやちょっとした傷やシワによって異なる自然のなかで育まれた素材だからこその楽しみや魅力があります。

合成皮革は、天然の布地に合成樹脂を塗布して、表面を天然皮革のように似せてつくりあげるもので、ポリ塩化ビニールやポリウレタン樹脂がよく使用されています。自然素材とは呼べませんが、ビニールやプラスチック素材のように水をはじき、汚れにくいというメリットもあります。塗布剤とあらかじめ統一された型押しを使用するため、素材や加工法、職人の技術によって本革のような品質のばらつきがでないのも特徴のひとつです。

本革は経年とともに風合いや肌触りに味が出てきますが、合成皮革のものは、ポリウレタンなどの成分が空気中の水分と結合して徐々に劣化していくため、使用しない間も劣化が進みます。3年程度が寿命といわれており、表面にべとつきが生じ、最終的にはひび割れがおきてボロボロになってしまいます。一生物にはおすすめできませんが、短期間、利便性を重視して使用するのには合っているでしょう。



ライフスタイルに合ったデザイン



革製品を通販で購入する際には、画像などでデザインをしっかりとチェックすることが大切です。見た目のカッコよさや美しさと実際に自分やプレゼントを贈る相手が使う際のギャップのことも考えて、使い勝手のよいものをチョイスすることも大事なポイントとなります。例えば、革財布の場合は、デザインとして長財布と二つ折り財布の2つに大きく分けられます。

スタイリッシュで存在感があり、ファッションアイテムのひとつにもなる長財布は、日頃からおしゃれに気を遣う方やスーツなどのフォーマルファッションが多い方に向いているでしょう。一方、アクティブでジーパンなどのカジュアルな服装が多い方には、ポケットに入れっぱなしにできる二つ折りタイプのものがおすすめです。長く使うものだけに、せっかく素材がいいものをプレゼントしても、ライフスタイルに合っていなければ意味がありません。

革のベルトは男性のおしゃれに必須のアイテムですが、いいベルトを持っているだけでそれほど高くないパンツもそれなりに見えるようになります。色や素材とともに、ピンやバックル、トップやリングなどのフォルムによって使い分けしたり、1本で使い回しができたりするため、お気に入りの1本を選ぶことが大切です。財布、バッグ、ベルト、どのジャンルをとってもおしゃれで機能性や使い勝手に優れていること、長く使える一品となることをポイントとして選ぶといいでしょう。一目ぼれしたものを衝動買いするよりも、長きにわたって使い続けていけるような飽きのこないものをチョイスするのがいい買い物の条件となります。

RECRUIT