近年人気のマネークリップとは

近年人気のマネークリップとは



マネークリップとは



男性の中にはかばんを持ち歩かないという方も多く、こういった方は財布をズボンのポケットに入れて持ち歩いています。実際に多く見かけますが、見た目も安全面から見てもあまりよくはありません。また、財布も持たずにお札を裸の状態で持ち歩いている人もいますが、これに関しても安全面上あまりよくありませんし、お札がくしゃくしゃになってしまう可能性が高いので、お支払いの時の印象も悪くなってしまいます。その点、マネークリップならお札を綺麗に挟むことができるのでくしゃくしゃになる心配はありませんし、ポケットに入れてもズボンのフォルムを崩すこともないので魅力的です。例えば財布はポケットが膨らむし歩きにくいから避けたいという方や、よりスマートに会計を行いたいという方にはピッタリなアイテムです。そんなひそかに人気を集めているマネークリップですが、具体的に説明するとどんな利点があるのでしょうか。利点についてもここでは紹介をします。

まず1つ目の利点としてはコンパクトだということです。財布は長財布から折りたたみの財布まで様々ですが、収納スペースが多いのでどうしてもコンパクトに持つことはできません。整理をしないとパンパンに膨れ上がることがありますが、マネークリップならお札を挟むだけのコンパクトな作りになっているので、整理をする必要もありませんし、パンパンに膨れ上がることはありません。よりコンパクトにスマートに持ち歩きたいと思っている人は使用について検討するといいでしょう。

また2つ目はビジネスシーンでも便利に利用できることです。ビジネスシーンでポケットに財布を入れると膨れ上がったりしてスタイリッシュな格好が台無しになってしまいます。その為、特にポケットなどにしまう人は財布は不向きとなりますが、マネークリップならスーツの上から盛り上がることもないので、スタイリッシュさを維持することができます。このように、いくつか魅力もあるので、ここ数年で特に男性を中心に人気を集めています。



マネークリップの素材に革を選ぶメリットとは



マネークリップは現在日本でも様々なデザインが販売されています。購入する時にはどの素材やデザインを選ぶか迷うことがありますが、その中でも革素材を選ぶ人は多いです。ではなぜ革素材を選ぶ人が多いのでしょうか。理由がいくつかあるのでここでは革の素材を選択する理由について紹介します。まず1つ目は手触りの良さです。マネークリップは基本的に人が触れたり、身につけたりするアイテムです。例えば手に取った時に嫌な音が鳴ったり、手触りが良くなかったりすると長く使用することができません。人が触ったり、身に着けたりするアイテムは特に素材を気にしなければなりませんが、革素材なら吸い付くような感触で触り心地も不快な気持ちを与えません。天然素材だからこそ味わえる手触りなので、革素材を選ぶ人が多いと言われています。

続いて2つ目は経年変化を楽しめるため、選ぶ人が多いと言われています。素材によっては使い続けるほど、時間が経つほど劣化が進み、使えなくなってしまいます。しかし、天然素材の革は生きているので、長く使えば使うほど表情を変えます。初めは色が薄かったのに使い続けることで色がだんだん濃くなったり、つやが生まれたりすることもあります。経年変化を楽しめるのは天然素材だけの特徴になるので魅力的です。その他にも3つ目は長く使えるので選ぶ人が多いと言われています。例えば天然素材ではないものに関しては数年で表面がボロボロになったりすることがあります。長く使用することは難しいですが、本革に関しては数年で表面がボロボロになるということはありません。

手入れは必要ですが、基本的には一生ものとして使える素材です。このように、革の素材を選ぶ理由について説明しましたが、他の素材にはない魅力がたくさんあります。特に長く一生ものとして使いたい人は本革素材の選択を考えてみるといいでしょう。



マネークリップをより長く使用するために知っておきたい革のこと



マネークリップには本革が使用されていることが多いですが、本革だから大丈夫と雑に使用すると劣化が進んでしまいます。本革は確かに何もしなくても長持ちしますが、知っておきたい知識もあるので、ここでは長く使うために知っておきたい情報を紹介します。まず水分には注意をしましょう。水分になぜ注意をしなければならないのかというと、色落ちや形状変化が生じます。一度大量の水を含んでしまうと元に戻すのは至難の業なので、水分で劣化させないためにも雨の対策をして、濡らさないように気を付けましょう。

また、温度変化にも注意しましょう。特に夏の季節は温度変化が激しくなることがあります。例えば高温の状態で車の中に放置をしていたりすると、どれだけ頑丈の革素材でも劣化する可能性があります。なるべく温度変化が少ないところで保管するようにすることが望ましいです。

RECRUIT