財布のかたちによる特徴と人気

財布のかたちによる特徴と人気


スマートに使うのであれば人気の長財布



新しい財布を買おうと思ったとき、どんな形にするのか悩むことでしょう。人気ということでは、長財布も二つ折りも人気があります。それぞれに特徴があり、違いがありますがどちらにもメリットがあります。使う人の好みや使うシーンによっても違いがあるため、その人の使い道にあったものを選ぶことが大切です。

長財布のメリットといえば、やはり高い収納力でしょう。これが人気のポイントでもあり、紙幣だけを入れるものもありますが、小銭も入りますし、カードもたくさん収納できます。紙幣だけのタイプとしても、折り曲げることがないというのが人気のポイントといえます。

男性に人気の部分としては、とてもスマートに見えるというところもあるでしょう。特に小銭入れのないタイプになると、さっと取り出し会計している姿は、スマートに見えます。ジャケットの上着の内ポケットにも入りますので、持ち歩きやすいというところもあるでしょう。女性の場合には、収納力が人気です。男性のスマートさに比べて、機能性が高いという部分が人気の理由ともいえます。日常生活でよく使うたくさんのカードも入りますし、小銭入れも持つ必要がありません。バッグを変えるときも、この財布を取りだし入れ替えるだけで済むのですから、便利に使うことができるはずです。

デメリットとして考えると、やはり大きいというところでしょう。ラウンドジッパーになると、男性の場合にはバッグが必要になってきます。ズボンの後ろのポケットに入れる人もいますが、電車に乗ったりするのは、やはり怖い部分があるはずです。落とした時には被害も大きくなってしまいやすいといえるでしょう。バッグがなかったりすると、洋服のポケットが膨らんで型崩れしやすいというのもデメリットです。



持ち歩くのに便利な二つ折り



二つ折りの特徴といえば、やはりコンパクトなところです。持ち歩くということに関しては、どこでも入れることができるので、小銭入れ付きの場合でも、すぐに取り出すことができて使いやすいですし、バッグに入れた時にも場所をとりません。そのため、女性のバッグの中でも、サイズを気にすることなく持ち運ぶことができます。折りたたんで使うことになるため、例えばパーティー用のミニバッグでも入るところは、大きなメリットと言えるでしょう。

実際に後ろのポケットに入れたとしても、長財布に比べるとすられたりする心配が少なくなります。取り出しにくくなるからですが、財布がポケットからはみ出してしまう心配もないからです。余計なものを入れないようにして、コンパクトにまとめることができれば、厚くなったりすることもないでしょう。

その代わりに、小銭を入れすぎれば、厚ぼったくなってしまいます。取り出しにくくなりますし、なによりもスマートではありません。領収書などもいれてしまうと、かなりの厚みになることもあるでしょう。サポートするために、小銭入れを別にするという方法もありますが、財布が増えることになるというデメリットが出てきます。また、紙幣を曲げたくないという人には、二つ折りは不向きです。

使い方によっては型崩れの可能性が高くなり、素材によっては劣化を早めることにもつながるので、管理が大切になってくるのは、いずれのタイプにも共通しています。



ライフスタイルから考える



どういったタイプを選ぶにせよ、自分のライフスタイルに合わせることが大切です。実際に財布をバッグに入れたくないという人は、男性の場合にはジャケットを着るのか着ないのかということも考えてみるべきです。長財布でも薄くすれば重くはありあませんし、ジャケットの型崩れも気にしないで済みます。女性の場合でも、普段に大きなバッグを持つのかどうかということで判断してみるのもいいでしょう。サイズによってはバッグに収まりにくく、邪魔になってしまうため、財布に合わせて日常のバッグを大きなものに変える必要があるからです。収納力という面でも、そこまで入れないというのであれば、もっとシンプルでコンパクトなデザインにしてみるのもいいでしょう。長財布でも、余計な小銭入れがついていなければ、スマートに使うことができます。

日常生活において電車を使うことが多く、財布をポケットに入れて人ごみのところにもよくいくというのであれば、二つ折りを選択するのもいいでしょう。存在を見せないというのは、防犯のために重要になってくるからです。持ち歩きしやすいことを考えると、女性でも二つ折りは人気です。

日常生活で頻繁に使うものですから、使いやすさはとても大事なポイントで、収納力はあっても、ラウンドファスナーなどは面倒なこともあります。バッグから取り出し、ファスナーを開けてという動作が男性だと嫌だという人もいるでしょう。どんなものでも、使う人の好みと使い方次第ということになるでしょう。

長財布、二つ折りタイプそれぞれに、様々な素材、色、デザインのものがありますので、特徴を考えてイメージに合ったものを探しましょう。硬い素材のものであれば、二つ折りでも十分な耐久性を持っており、使い勝手にも優れています。素材感を生かしたいのであれば、持ち歩き方まで考えて選ぶと失敗が少ないといえます。ライフスタイルでも大きな違いがありますので、よく考えてお気に入りのものを見つけましょう。

RECRUIT