男性のベルトの変え時期や選び方について

男性のベルトの変え時期や選び方について



男性のベルトの変え時期



ビジネスマンなど毎日のようにベルトを使用しているという方も多いのではないでしょうか。私服でも使用する人はいますが、ほとんどはスーツなどで使うことが多いです。ベルトを着けることによって、おなかが引き締まり動きやすくなりますし、スーツや私服のデザインとして合わせるためにも必要不可欠です。基本的には長く使用することができますが、使用頻度が多い人は定期的に買い替えをしなければなりません。ここで気になるのが変え時期です。どのタイミングで変えたらいいのかよくわからないと放置している人もいますが、いくつか変えるタイミングはあるので、ここではどのタイミングで買い替えをするといいのかについて説明します。

まず1つ目はヒビが割れている状態です。ひび割れは放置しておくとベルトが切れてしまう原因にもなります。切れてしまうとズボンをしっかりと固定することができなくなり、下がってしまうことも考えられます。切れるリスクを避けるためにも、ひび割れがないかどうかは事前にチェックをしておくといいでしょう。万が一チェックする時にひび割れが発生しているなら変え時期になります。

続いて2つ目の変え時期はカサカサになっている状態です。素材によっても異なりますが、新品の状態に比べるとカサカサするなと感じた経験がある方もいるかと思いますが、カサカサしている状態はコーティングなどが?がれて劣化しているサインです。そのまま放置をしてしまうと破れてしまったり、簡単に切れてしまったりすることもあるので、なるべく早めに買い替えましょう。

それから3つ目に挙げられる変え時期として、シューズを替えるタイミングでベルトも一緒に購入することです。特にスーツなどの場合は革靴を使用することがほとんどですが、革靴はそれぞれ色が異なります。それに合わせてベルトの色も選んでいるという方は多いのではないでしょうか。シューズとのバランスが悪いと印象的にもよくありません。スタイリッシュでカッコいい男性を目指したいなら色合わせは重要です。革靴を買い替えるタイミングでベルトの購入も検討するといいでしょう。このように、買い替えのタイミングはいくつかありますが、なるべく切れる前には買い替えた方がいいので、少しでも劣化しているなと思っている場合には買い替えを検討した方がいいでしょう。



ビジネスマンの男性が押さえておきたいベルトの選び方



ビジネスマンは身だしなみが重要です。なるべくスタイリッシュに決めたいと思っている方も多いと思いますが、スーツの中でも見落としなのがベルトです。ズボンを固定できれば何でもいいと思っている方も多いのではないでしょうか。カッコいい男性を目指すならこだわった方がいいので、ここでは選び方について話します。

まず1つ目はベルトの穴の数をチェックしましょう。穴の数は3つや6つなど様々ですが、あまりにも穴が空いているもの、少なすぎるものはバランスが崩れてしまいます。あまり見える部分ではありませんが、見えないからと言って適当に選ぶとアンバランスになるので基本は5つの穴が空いているタイプを選ぶようにしましょう。

また2つ目は飾りがないシンプルなデザインを選ぶのが基本です。ビジネスマンの中には飾りのあるデザインのタイプを使用している人もいますが、スーツを着用する場合にはスーツがシンプルなので、飾りがあるとアンバランスです。逆にベルトの部分が浮いてしまいますし、身だしなみがしっかりできていないとあまりいい印象を与えない場合もあるので、なるべく飾りがないシンプルなデザインを選ぶようにしましょう。

その他にも3つ目は素材をこだわって選ぶことです。ベルトの素材は様々ですが、その中でもスーツなどに合う素材は本革だと言われています。理由としては質感が良いですし、何よりシンプルなデザインであるからです。また、耐久性に優れているので、簡単に破損することもありません。毎日のように使用するビジネスマンにとって耐久性は重要なので、なるべく革素材を選択した方がいいでしょう。



本革素材に必要な手入れについて



本革素材は一生ものとして使えるほど耐久性に優れていますが、使い方によっては劣化が早めに進んでしまうことがあります。できる限り長くベルトを使用するためにも手入れは重要になるので、日頃の手入れについてここでは紹介します。まず初めに日頃の手入れとして重要なのがブラッシングです。日頃の手入れで行う理由としては、ゴミや汚れなどを取り除くためです。

汚れやゴミは放置すると劣化に繋がる可能性もあるので、使用後はブラシで取り除くことが重要です。また、定期的に行いたい手入れとしてはクリームを塗り込む作業です。本革は乾燥し過ぎの状態は劣化に繋がる可能性が高いです。ひび割れを引き起こす可能性もあるので、しっかりとクリームを塗って保湿することが大切です。季節によっても異なりますが、乾燥しがちの時期はしっかりとクリームを塗るといいでしょう。

RECRUIT