気に行って購入したメンズの長財布をお手入れしよう

気に行って購入したメンズの長財布をお手入れしよう


長財布のメンテは最初が肝心



長財布のメンテは一番初めが最も肝心であるという意見が多いです。メンズの革の長財布というのは非常に美しく、持っていると「大人な雰囲気」を醸し出すものも多いことから、愛用されている方も非常に多いでしょう。そのような魅力から、「今日から俺も!」と意気込んで購入する方だって多いはずです。しかし、安物の財布と違い革のものはそれなりの額がするので、しっかりと手入れを行いたいと考えるのは当然のことでしょう。

ここで最もやってはいけないことは、気に入った財布を購入したことで財布の中身を全部移し替えることです。ついつい張り切って使い続けて自分のものとして慣らしていきたいという気持ちはわかるのですが革の財布というのは大きな力がかかりすぎてしまうと革が一気に伸びてしまって形が崩れます。

普段から財布の中身が少ないという方なら問題ないのですが、ポイントカードといったカード類を大量に入れている方はいきなり買い替えと同時に入れ替えるのは危険です。小銭やカード類はどうしても革を伸ばす要素となってしまうので、必ず慣らすように少しずつ増やしていってください。

また、最初の手入れを行う時はできる限り革用の保革クリームといったものを使って行うようにしてください。購入したばかりの革というのははっきり言って外部からのダメージを受けやすい状態なので、しっかりとクリームを塗り込んで直射日光の当たらない風通しが良い場所に乾くまでおいて置くようにしましょう。その後は綺麗な布で拭きとって防水スプレーを使って保護するようにしてください。この防水スプレーは非常に重要で、手垢や水分といったものが付きにくくなるので長持ちしやすくなるのです。長い期間お財布と付き合いたいと考えている方は最初の手入れを入念に行いましょう。



メンズの財布も普段のお手入れから



メンズの長財布でもこのように最初の手入れをしっかりと行ったのなら、その後は毎日定期的にメンテナンスを行う癖をつけて置くようにしましょう。初回のようにしっかりと行う必要はありませんが、毎日こなさないとダメージが出てきてしまうので、放置するのは避けてください。

普段のお手入れなら天然素材の柔らかい布で乾拭きするだけでも十分綺麗になります。力は必要ないので撫でるようにして拭いてください。もう着ることが無くなった綿100%のシャツでも十分代用できるのでメンテナンス用として残しておくといいでしょう。そのまま使うのは大きすぎるので、小さく切っておけばメンテナンス用としていつでも使えるものになってくれます。

また、これは毎日行う必要まではありません。月に一回程度は保革クリームといったものを使ってしっかりとケアしてあげましょう。愛用しているものだともっと頻繁にケアをしたくなってしまうかもしれませんが、やりすぎるとむしろ長く使えなくなってしまう可能性もあるので、多くても2週間に1回程度に抑えましょう。この間隔については諸説ありますが革の表面が乾いたと感じる時に行えば問題ないと言えるでしょう。めんどくさがりの方はメンテナンスの回数はできる限り減らしたいと思っているかもしれませんが、最低でも1ヶ月に1回は行うようにすることで長く愛用できるも財布となります。

また、保革クリームも色々と種類がありますが、蝋成分がほとんど入っていないものの場合はどのような革にも使えるので使い勝手の良いクリームを用意しておいてください。革財布を長く使いたいのなら、しっかりとメンテナンス用品の厳選も行いましょう。



雨の日といった特別な時は



普段からのケアはこのようにしっかりと拭いてたまにクリームを塗るというもので構いません。しかし、メンズの長財布をメンテするうえでもまだ覚えておかなければいけないことはあります。それが雨が降った時や、傷がついてしまった時です。

まず、雨などで財布が濡れてしまった場合は時間が経過するごとに汚れや水分が浸透していってしまうのでボロボロになってしまいます。そのため、乾いた柔らかい布でしっかりと拭きとるようにしてください。その後は陰干しを行いしっかりと乾燥させましょう。最初のメンテの段階で防水スプレーを使った処理を施しているのならそこまで被害は広がりませんが、その部分を省いている人は必ず対策を練ってください。また、早く乾かしたいからドライヤーを使ったり直射日光に当てたりする人がいますが、革の油分が無くなってさらにボロボロになってしまうことすらあるので、日陰で乾かすことを忘れないでください。

最悪のケースとして、濡れた状態で放置するとカビが生えることがあります。こうなってしまうと完璧な除去は不可能に近いので、専門のクリーニング業者の力が必要になってしまいます。こうならないようにするためにも、ケアは欠かさず行ってください。

また、傷がついてしまった場合は小さなものなら柔らかい布でこすると目立たなくなりますが、大きなものなら、革用のクリームを塗りこむのが良いでしょう。革マニキュアといったものを使って染色することも可能ですが、はっきり言って素人がやってよい作業では無いので避けたほうが無難です。このようなメンテナンスでも傷が目立つのなら、一度専門の業者に頼ってみてください。

RECRUIT