本当にクオリティの高い革財布の選び方とは

本当にクオリティの高い革財布の選び方とは


革財布の概要と特徴、商品の選び方について



財布にもいろいろな種類がありますが、その中でも革財布は、読んで字のごとく、革を素材として作られている財布です。こちらは、素材の質感や手触りに特徴があり、落ち着いた大人の雰囲気が漂うアイテムです。ただし、本革でつくられたものは合成皮革のものと比較して高級な素材を使用しているため、値段もそれなりに高くなる傾向にあります。

これから新しく財布を購入しようという場面では、「2つ折り財布」や「長財布」といった形状の好み、ブランドのネームバリュー、素材のクオリティ、作りの良さなど、さまざまな条件に目を配って商品を選択することが大切です。その中でも素材となる革の質を判断するためには、革の種類やそれぞれの特徴についてある程度の知識を有している必要があります。また革財布を提供しているブランドには、さまざまな種類が存在します。このように豊富なアイテムが市販されている状況の中で、本当にクオリティの高い革財布の選び方が分からず困っている人も見受けられます。

革財布を購入するにあたっては、一般的に有名なブランドの商品を選ぶという方法もあります。名のあるブランドのアイテムは、その知名度や人気の高さからして、ある程度の信頼性を有するものと言えます。そういう意味では、有名ブランドの商品を選択することは、手堅い判断ということになります。ただし、誰もが知っているようなブランドのロゴやデザインは、わざとらしく感じて敬遠する人もいます。また、ブランドそのものに興味がない人の場合は、有名ブランドの商品と言われても、そのアイテムに高い価値を見出すことはないでしょう。



ブランド名や価格だけに気を取られた選び方では本当に質の高い商品を見つけ出すことはできない



革財布の中でも、有名ブランドの提供する商品には、本当にクオリティの高いものも存在します。とは言うものの、ブランドのネームバリューによってそれなりの高い値段が設定されていることを考慮すると、必ずしもコストパフォーマンスが良い商品とは言えない事もあるでしょう。

その一方で、有名ブランド以外のメーカーが提供する、リーズナブルな値段設定がなされた商品の場合、ブランド価値によって商品価格が上乗せされるという心配はしなくて済みます。しかし、「安かろう、悪かろう」という言い回しもあるように、値段が安ければ素材のクオリティや商品の仕上がりが悪いものが多いことも否めない事実です。そういった事情から、安価な商品を購入しても短期間で使い物にならなくなり、頻繁に財布を買い替える必要性が生じて、結果的にコストパフォーマンスが悪くなってしまうこともあり得ます。

また、ブランドの名称や商品の価格だけに気を取られて、素材のクオリティや作りの良さを軽視していると、「本革の財布と思って購入したにもかかわらず、実は合皮の商品だった」・「購入した時には気付かなかったものの、作りが悪くてすぐに使い物にならなくなった」といった失敗をしがちなので注意する必要があります。このように考えると、ブランド名や価格だけでは本当に質の良い革財布を選ぶことはできないのがお分かりいただけるでしょう。



真にクオリティの高い商品を選んで長く愛用し続けるために



それでは、「真に高品質の革財布」とは、いったいどのような商品なのでしょうか? その条件としては、素材のクオリティが高く、しっかりした仕上がりであることが必要とされます。このようにお伝えすると、当たり前のことと思われるかも知れませんが、当然のことが認識できていないばかりに商品選びに失敗してしまう事例が存在するのもまた、確かなことです。

一方で、そうした当たり前のことをわきまえた上で選んだ商品は、購入した後に失敗したと後悔することがなく、使い始めから自然と明るく弾むような気持ちになり、使い込むほどに味わいが出て、長い期間に亘って愛用することのできる自慢の一品となるでしょう。

また、購入した革財布を、長く愛用し続けたいと考えるのであれば、シンプルでなおかつ洗練されたデザインの商品を選ぶことをおすすめします。新進気鋭の奇抜なデザインが施された商品にも、人目に付きやすくそれなりの良さはありますが、最初は目新しさで気に入っていても、長く使っていると飽きが来て、買い替えたくなってしまいがちです。

自分が使う革財布であれば、自身のこだわりや世界観に合ったものを、自らの感性で選ぶことができます。一方、誰かにプレゼントするためのものを購入する場合は相手の年齢や好みを考慮しますので、自分の感性だけで商品選びをすることができません。もちろん、どのような品物であれ、自分のためを思ってプレゼントされたとなれば、そのこと自体を嬉しいと思わない人はいないでしょうが、相手に喜ばれ、長く愛用してもらうことのできる品物を選ぶのは、それなりに難しいこととなります。

RECRUIT