思わず自慢したくなる!メンズ財布の種類と選び方

思わず自慢したくなる!メンズ財布の種類と選び方


自分に合った財布を選ぶポイントとは



誰もが持っている財布ですが、春になって新調するとなるとどれにすればいいか結構悩んでしまうものです。まず、今使っている物がどんなタイプのものかをチェックしてみましょう。毎日使い続けている財布は意識していなくても、自分の好みやクセが染みついてくるものです。お札を折る派かそのままの状態で収めたい派かということだけでも形が分かれます。小銭をいつもどう収納しているのか、取り出しやすさにこだわるのかといった細かな点にも及んできます。普段、財布をそのままポケットに入れているのか、バッグなどに入れて持ち歩くのか、考えだしたらキリがないほどさまざまなスタイルの違いがあります。多くのポイントがあるなかで、自分がどうしても譲れないという点を整理しておくことが選ぶ際の大切な準備となるでしょう。

男のステータスシンボルとして考えるのか、単なるお金を出し入れするための収納アイテムとするのかによっても選ぶ種類が変わってきます。それと同時にライフスタイルも大きく影響してきます。仕事でスーツを着ることが多く、生活の大半をそのようなスタイルで過ごすのならば、やはりスーツのポケットに合うものがいいでしょうし、自営業やフリーで個性を重視している人であれば、自分を主張できるオリジナリティーの高いものを選ぶことでしょう。

素材にこだわりたいのか、機能性重視なのか、ブランド志向なのか、それほど買い替える機会が多くないからこそ、選ぶときには慎重になるものです。セレクトショップなどをはしごして数多く見ることも必要になってきますが、まずは、メンズ財布の二大主流といわれる長財布タイプと二つ折りタイプについてその特徴を理解しておくことが大切でしょう。



タイプ別メンズ財布の特徴



メンズ物は大きく二つ折りタイプと長財布タイプに分けられます。どちらも人気ですので使う人の好みや目的によって選ぶことが多いようです。二つ折りタイプは、コンパクトで手に持ちやすいというのが一番の特徴です。ズボンのポケットから出し入れするのも楽で、開閉することが多く内側の素材にもこだわっていることも魅力のひとつです。スーツでもデニムでも、つまり、ビジネスでもプライベートでも万能に使いたい、できるだけカバンなどは持ちたくない、シックでおしゃれというよりもカジュアルな方がいい、などという方に向いています。コンパクトである分、どうしてもお札や小銭、カードなどが増えるとかさばってしまうというのが気になる点です。型崩れがしやすく、使い方によっては長持ちしづらいというのもこの種類の特徴です。

お札をそのまま入れる長財布は、薄いフォルムでスマートに見えるとともにそのものの存在感があり、会計時にも人の目を引くという特徴があります。メンズフォーマルやビジネスシーンにしっくりとマッチし、大人の男のカッコよさを演出するのにもピッタリです。お札を曲げずにそのまま入れられるとともに、クレジットカードやポイントカードなども美しく整理することができます。服装や素材にこだわるおしゃれな人に向いているだけでなく、上質な革が使われていることをポイントとして選ぶ人も多いでしょう。お札よりも一回り大きいサイズとなってしまうため、ポケットへの収納は難しく、常にバッグやカバンを携帯する必要があります。



革にしかない奥深い魅力



メンズアイテムの王道であり、スタイリッシュなステータスシンボルとして人気があるのが牛革製のものです。革製品を取り扱うブランドの主力アイテムとなっており、さまざまなタイプのものが販売されています。牛革は、年齢や職業など、使う人を選ばない素材で、丈夫さや使いこなしていくうちに深まるエイジングの魅力などがあり、加工方法一つで表情がガラリと変わるのも特徴となっています。一口に牛革といっても数多くの種類があります。生まれたての子牛から成牛にいたるまで、その成長過程によって細かく革の名称が分かれているだけでなく、使用する牛の部位によっても大きく特徴が変わってくるのです。また、皮から革へとなめす作業過程でも用いる材料や磨き方によって革のツヤも全く異なるものになります。

牛革をロウで漬け込みながら磨き上げることで強度を高めた「ブライドルレザー」は、表面に白い粉のようにロウが浮き出てくるのが大きな特徴となる加工方法で、独特の奥深いテイストを感じることができるものとなります。この白い粉は、ブルームと呼ばれているもので、長く使いこんでいくうちに全体に馴染み、味のある光沢やツヤとなって魅力が増します。

ブライドルレザーとともに革の最高級品といわれているのが「コードバン」です。これは馬の臀部の部分だけを使った革です。世界中から1カ月に数千頭分しかとれない希少な革で、手触りがしなやかで繊細であることが特徴です。使いこんでいくと独特の風合いがでてくるとともに、丁寧に手入れすれば世界にひとつだけの色合いを楽しむこともできます。

ブライドルレザーやコードバンは、世界に誇ることができる一級品。いつかは手にしたいメンズ財布として目標にしたいもののひとつです。

RECRUIT