小銭入れを持つメリットと自分に合った小銭入れ選び

小銭入れを持つメリットと自分に合った小銭入れ選び


小銭入れを使うメリット



いつもレシートや小銭でパンパンの財布というのは見た目が悪いものです。お財布が綺麗な状態を維持できていないと、どうしてもお金に対してだらしない印象を与えてしまします。風水でもこのようなお財布はあまり良いとは言われません。やはり、適度な厚さを保っている見た目にも綺麗な財布を持っている人の元にお金は集まると言われますし、周囲の人に対しても良い印象を与えるのです。そこで、持ちたいのが小銭入れです。小銭入れを持つことによって財布にたまりがちな小銭を最小限にすることができるので、財布の見た目を綺麗にすることができます。しかし、今まで一つの財布で過ごしてきた人にとっては二つの財布を使い分けることができるものなのか、そして実際には面倒なのではないかということが気になるところです。

確かに荷物が増えますし、お会計の時には必要に応じて財布を色々と出すことになりますから、持つことにメリットを感じられないところもあります。しかしそのようなデメリットを埋められるだけのメリットがあるのです。まずは何よりもお財布が綺麗な状態で維持できる点です。必要以上に太らせることもないので形も綺麗に維持できますし、傷みにくくする効果もあります。もう一つは、もしも財布が盗難にあってしまったり、自分の家に忘れたりということで手元に全くお金がないということが避けられ、その場を小銭でしのぐことができます。そのため、中には小銭入れの中にお札を一枚折りたたんでしまっておくというような人もいます。このように持っていると便利な小銭入れですが、どのようなものを選べば邪魔にならず持ち運びやすいのかを紹介していきます。



自分にあったタイプを選ぶ



小銭入れと一言でいってもいくつかのタイプがあります。自分に合った使い勝手の良いものを選ばなければ買っても使わずに終わってしまいます。デパートや百貨店、ショッピングモールで色々なタイプのものやサイズのものを目にして触って使い勝手の良いものや持ち運びやすいものを選ぶようにしましょう。

一つ目のタイプがラウンドファスナータイプです。カードケースくらいのサイズになっており、ファスナーがコの字に付いています。このタイプならカードやお札も入るので、簡単な会計であれば小銭入れだけで済ませることもできます。少し大きめなのでポケットに入れて持ち運ぶことが難しいものが多いですが、入れる小銭が少なくなっても問題なければポケットに入るサイズのものもあります。

二つ目はラウンドファスナーと見た目は同じですが、ファスナー部分がL字のタイプのL字型ファスナータイプです。こちらの方が収容力がありつつもサイズが小さいのが特徴です。ファスナー部分がL字で広げられる面積が少ない分使い勝手が良いように柔らかい皮を用いたものが多いです。

三つ目は馬の蹄の形をしている馬蹄型コインケースです。これはきちんと折りたたんでこそ機能する形になっています。この形を作るのはとても難しく技術を要するもので、ハイブランドのものや有名な皮メーカーのものが多いです。この形は長財布にはない子銭入れオリジナルな形であるのも特徴です。

他にもボックスタイプのものや、ガマ口タイプのもの、素材も皮や布、ビニールなど色々なものがあります。日頃からポケットに入れるのか、カバンの中に入れて持ち歩くのかによっても使い勝手の良い素材やサイズは変わってきますから色々と手にして自分に合ったものを選んでみましょう。



財布の上手な使い方



メインで使う財布を小銭入れにすればそれだけでお会計の際の動きがスマートになり、上手にお財布の使い分けができるようになります。このような人は、お会計の際にお財布を二つ出すことになっても手間取らずスムーズにお会計をすることができます。今まで小銭を出すのが面倒でお札でお会計をしてお釣りをもらっていたという人でも小銭を出してのお会計ができるようになります。先に小銭入れを出して、細かいお金を一通り出してそれでも足りないという人はお札を大きな財布から出せば良いのです。多くの人は、お札を入れている財布から出してそのあと細かなものを出そうとするために、手間取る作業をすることになるのです。小銭入れにある程度のお札を入れておくようにしたり、お会計の前にある程度の金額を想定して出しておき手元にお札の準備をしておくことでお会計時のお財布を出す手間を最小限にしたりという工夫をしています。

上手に財布の使い方を工夫すれば二つの財布を使ってもスムーズにお会計ができ、レジの前でモタモタとするようなことは避けられます。お会計の時にレジであたふたとするのは格好の良いことではありません。女性の前であればなおさら良い姿を見せたいものです。このように上手にお財布を使いこなせるテクニックを身につけておきましょう。慣れるまではうまくできず手間取ることもありますが、慣れてしまえば簡単にできてなおかつスムーズに小銭を出してのお会計もできる様になります。小銭を出すことは脳のトレーニングにもなりますからぜひ実践して日頃から上手なお会計ができることを目指しましょう。

RECRUIT