名刺入れをプレゼントするときに気をつけるべきこと

名刺入れをプレゼントするときに気をつけるべきこと


名刺は最強のビジネスツール



ペーパーレス社会になり、いろいろな場面で紙を介さない仕事の進め方が浸透してきています。それでも名刺はなくならず、今でも使われています。もちろん、SNSの発達により一度は消えようとしたこともありますが、やはり便利なものとして消えずに残っているのです。このように名刺が今でも使われるのには、紙を介してのやりとりだからこそのメリットがいくつかあるからです。まずは、あの小さな紙に自己紹介で知りたい情報が集約されているという点があります。名刺には会社の名前と本人の名前、役職、連絡先といったものが一通り書かれています。それを見れば、連絡を取りたいときにすぐに連絡先が見つかりますし、名刺を見れば相手のことも思い返しやすいです。

名刺を持つメリットは自分自身にもあります。名刺を持つということは、会社から社内の代表としての仕事を任せられているということになります。会社から仕事を任せられているという責任感が芽生えるのです。自分は会社の一員であるという意識があれば仕事の取り組み方も変わります。社会人として仕事への取り組みも変わるのです。

このように、名刺は持つ人にとっても渡す相手にとってもメリットを持つビジネスツールです。そのため、今でも風化することなく持ち続ける文化が続いています。ただ、同じものではつまらないということ、相手の印象に残らないということから、最近ではいろいろなタイプの名刺も出てきています。紙に色がついていたり、カラー印刷がされていたり、紙質をオリジナルなものにしたり、顔写真をつけたりとオリジナリティを出して相手の印象に残そうという取り組みです。このような取り組みが進められている現在では、まだまだ名刺というものがなくなることは考えられません。



名刺入れはきちんとしたものを



社会人になるにあたって、色々と準備をするものがあります。スーツやシャツはもちろん、ネクタイといったものは第一印象を決めるものでありちゃんとしたものを身につける必要があります。どうしても人間というのは見た目に目がいくものであり、高級である必要はないですが正しく綺麗なものを身につけておく必要があるのです。同様に靴も大事です。汚れていないことはもちろんですが、先が破れていたりソールが削れていたりするものは見た目に悪く、あまり良い印象を与えません。わたしたちは意外と靴に目がいくものです。日頃から靴のクリームを塗って綺麗な状態を維持したり靴が破れてきたらメンテナンスに出したりということを行う必要があります。

このような用意するべきもの、気をつけるべきものは服装や靴だけではありません。ビジネスマンには小物も必要であり意外とこの小物が重要なものになります。スーツや靴といった大きなものにばかり目が行きますが、小物こそ長く使うものですからきちんとしたものを選び大事にするべきものなのです。

靴やスーツをブランドで購入して身につけるのは1着なら可能ですが何着も購入するのは難しいです。逆に同じものをずっと身につけていると相手にいつも同じという印象を与えかねません。その点、小物ならば同じものを常に持っていても見せる相手も違いますから同じものばかり持っているという印象をあまり与えることはないです。そして、ちゃんと手入れをしておけば、ものを大事に扱う人なんだ、という良い印象を与えることができます。もちろん、自分自身も長く使うことで愛着が持てます。



名刺入れをプレゼントする



ビジネスマンに何かプレゼントをする、というときに名刺入れをプレゼントするととても喜ばれます。名刺入れというのは一度購入するとなかなか壊れず長持ちします。そのため、自分で新しいものを購入するタイミングを見失いがちです。また、市販のものは一般的な形が決まっており、特別に見た目やデザインが変わったものというのがあまりありません。そのため相手に渡して気に入ってもらえないということも少ないのです。一般的でシンプルなものを選べば、長く使ってもらえてなおかつ相手にも気に入ってもらえることがほとんどです。

プレゼントをする際に選ぶ基準はシンプルであること、黒か茶色、革のものというのがポイントであり、失敗しないコツです。デザイナーのような個性を求められる仕事の場合にはこの条件は当てはまりませんが、一般的なビジネスマンであればこの条件にあったものを選べば外れはありません。

基本的には名刺入れは黒を持つのが一般的です。しかし、茶色は許容範囲内とされているので問題ないとされています。ただ、あまりにも明るい茶色は軽い印象を与えがちです。そのため、茶色のものを購入する際には色味に気をつけることが重要です。ヌメ革のような使うことで色の深みが増すものは魅力的ですが、購入時はベージュに近いため、よく考えて購入するようにしましょう。ブランドものを購入する際にはロゴの大きさに気をつける必要があります。個性を出すためにロゴのついているものを購入することは悪くないのですが、大きすぎるとカジュアルに見えたりブランドアピールのように見えてあまり良い印象を与えません。同様に刺繍のステッチもカジュアルにならないように素材と同系色のものを選ぶのがおすすめです。

RECRUIT