仕事のデキる男性がセレクトしたい革小物

仕事のデキる男性がセレクトしたい革小物




仕事ができる男性を演出する革小物



仕事ができる男性になる方法のひとつとして「形から入る」ことも重要であるといわれています。「形から入る」と聞くと、何か中身のない虚勢を張っているようなイメージに捉えられがちですが、決してそれだけではありません。むしろ自分の実力を相手によりよく魅せるための小道具と捉えた方がいいでしょう。仕事の中身で勝負したい気持ちは誰にでもあるものです。しかしながら相手は企画書やプレゼンテーションなど内容もさることながら、相手のしぐさや服装、持ち物にも目を配っているものです。むしろ仕事の内容や相手との関係性にあまりこだわらない場合などは、相手の服装、持ち物、しぐさなどがビジネスの差につながることもあるのです。そして別の角度から見ると人間は周囲からの期待に応えようとして成長していくともいえます。そのような意味からも「仕事ができる男性」に見える格好をすることも成長への一歩ともいえるのです。

また、すでに社会人として立派に仕事をこなしている男性であれば、その地位や実力に見合った身だしなみや持ち物に気配りするべきです。もちろんスーツやカバン、文房具といったさまざまなアイテムを工夫したいところですが、それでは費用もかなりかかってしまいます。しかし身の回りの小物を一つ革製品に買い替えてみるだけでもずいぶんその印象が変わってくるのです。つまり財布や名刺入れなどの小物を革製品に変えるだけで、相手にオシャレな印象を与え、できる男性を演出してくれる事でしょう。ここではそんな仕事ができる男性を演出する革小物について紹介します。



普段使うものからあなたを魅せる



ビジネスの何気ない側面で、魅せる革小物は、仕事のできる男性を演出するための強力なアイテムです。例えば初対面の相手と名刺交換をするときに出す名刺入れなどが典型的です。いくら有名企業や立派な肩書であっても、名刺入れが100円ショップで売られているようなアルミ製のものだと、相手にあまりいい印象を与えないこともあります。おしゃれな革製の名刺入れから、すっと名刺を差し出すことで初対面の印象も大幅にアップします。

また、財布が安っぽいといろいろな場面で損をします。会食や接待などで現金やクレジットカードを出す時でも安っぽい財布だと格好悪い印象を与えてしまうものです。しかしブランドネームで高級な財布を持つことはかえってミーハーな印象を与えてしまう場合もあります。価格は幅がありますが、革の長財布はいつの時代でもマストなアイテムで、ビジネスにおけるシーンでは好感度も上がるでしょう。

また鍵にも少し目を向けましょう。私たちは自宅やオフィスのロッカー、自家用車など、一人でいくつもの鍵を持っているのが現状です。ですからせっかくオシャレな服装でキメたとしても、鍵の束がポケットの中でジャラジャラと金属音をならしたり、つい鍵を取り出すときにポケットに絡まってもたついたようなしぐさをみせることはあまり相手にいい印象を与えないものです。そこでできる男性を印象づけるために革のキーケースをおすすめします。

キーケースは革小物としては、あまり印象にないアイテムですが、鍵をスマートに管理でき、相手に不快な音を感じさせたりもたついたしぐさを見せることもなくなります。またベルトやバッグから下げればちょっとしたアクセントになります。そういった小物こそ結構人から見られていたりしますので気を遣いたいところです。



IT社会を生きる男性を魅せる



近年、スマートフォンのシェアが爆発的にひろがり、それに伴っていわゆるスマホケース、スマホポーチも様々な種類が発売されています。このような商品には完全防水であったり、さまざまなキャラクターを採用した物、そして素材もシリコンやアルミなど、非常に多種多様な種類があり、自分の好みに合ったものを選んで使っている人が多いのではないでしょうか。

このケースにも革製品を使うことをオススメします。その理由としてまず素材にあります。革は意外と衝撃に強く、かつ柔らかいのでスマートフォンのような精密機械を守るには適切な素材だといえます。そして何より見た目に高級感があります。現在はビジネスのさまざまな局面でスマートフォンを利用するわけですから、ここは仕事ができる男性を演出する小物の1つとして選びたい商品です。

スマートフォンと同様に、最近ビジネスマンに普及しており人気なのがタブレット端末です。最近はPCと同等のスペックを持つ、タブレットも登場しており、一台持って出歩けばどこでも仕事ができるような時代になりつつあります。

タブレット用のケースにも、やはり革製品はおすすめです。それだけでビジネスシーンでのあなたの印象をグッと引き締めてくれます。革小物は財布や名刺入れだけではなく、こういうアクセサリーに取り入れることも重要です。ビジネスの場面において印象勝負のビジネスマンはよりこういったところにも気をくばると良いでしょう。

RECRUIT