人気の高いコードバンの財布のポイント

人気の高いコードバンの財布のポイント


大人の楽しみとしてのコードバンの財布



革には、さまざまな加工の仕方があり、それぞれで風合いが違います。独特の質感があり、コードバンは人気のある素材のひとつであるといっていいでしょう。使えば使うだけツヤ感が増しますし、滑らかな質感は他にはなく、しっとりとしてなじむところも人気の理由です。その希少性から、革の宝石、あるいは幻の革などの通称が存在します。馬1頭からわずかしか使うことができず、手に入れることが難しいところも、幻の革と呼ばれる所以でしょう。それだけに、手間と時間をかけて仕上げられており、その出来上がりは驚くほどです。革の宝石と呼ばれるのは、この希少性の高さからということになるでしょう。

実際に長い時間使ってみると、ツヤ感の増し方は楽しいものです。魅力が増していきますし、どんどん自分だけのものになっていく過程も楽しむことができるからです。非常に面白い特性ともいえますが、強度を高めることができる方法だからこそ、財布に向いている素材と言われているのです。財布というのは生活の中で使用頻度が高く摩耗の激しいものですので、コードバンのような強度のある素材でなければ耐えることができません。

そもそも馬の臀部で作る革です。希少価値が高く、世界でも1ヵ月に採れる量はほんのわずかしかありません。わずかしかないところで、靴を作れば、当然高額になるでしょう。財布の場合には、使う面積が靴よりも少なくて済みますので、手に入れてみたいものとして憧れを持つ方は多くなっています。



人気のひとつは希少であるということ

コードバンには、ロウが使われます。このロウが最初のうちは目立ちますが、これを磨いていくことで、他にはないツヤを生み出すようになり、独特の風合いを感じることができるでしょう。光沢も変わり始め、色も深く変化していきます。これは、強度を高めるための加工のひとつであり、簡単に切れたりすれたりしないようにするための重要なポイントです。実際に耐久性が高いといわれている牛革に比べても、3倍の強度を持つともいわれます。

シミや汚れにも強いのはロウのおかげもありますが、傷に対しても強いからこそ長く使うことが可能です。強度があるため、しっかりと使いこみながら手入れをしていけば、財布でも一生使うことができるでしょう。だからこそ人気も高い素材です。

ただし、問題となるのは、1頭からとれる量が希少すぎるため、欲しくても手に入らないことがあるということでしょう。1頭からの量を考えると、財布にしたときに4つもとれれば限界といわれています。もちろん、サイズやデザインにもよりますが、この程度しか取れないことを考えれば、人気があることも理解できるでしょう。しかも、手にすることができれば、長年楽しむことができるのですから人気は耐えません。こうした財布を手にすることができるというのは、大人の楽しみのひとつです。しっかりと管理もしていかなければもったいないことを考えても、大人になったら手にしたいと思うような魅力があります。逆にいえば、この品質が似合うようになれば、大人になったと感じるでしょう。



メンテナンスをすることが大切



コードバンの財布を手にすることができたのであれば、お手入れをするということが重要です。耐久性を損ねないようにするためにも、細やかに手入れをしていくことがポイントとなるでしょう。革製品でありますが、まずはブラシをかけます。専用のブラシを使うことになりますが、このブラシをかけることで、細かなところに紛れ込んだ汚れを落とすことができます。あくまでも汚れ落としですので、強い力はいりません。あまり強くブラッシングすれば傷をつけることになり逆効果でしょう。

次にロウが出てきているようであれば、乾拭きをしていくことが大切です。内部から染み出てくることがありますので、そんな時にはワックスはいりません。乾拭きしてあげるだけで、きれいな質感に戻すことができるでしょう。これがコードバンをなじませるために必要なことで、光沢も生み出しますし、高級感も高めることができます。

ツヤ感を戻すためには、ワックスを使うことになりますが、ここで気をつけなければならないことは、革に合っているものにしなければいけないということです。専用のワックスがありますので、それ以外のものは使わないようにしましょう。使う量は、多すぎると劣化を招く要因となります。そのため、米粒程度つけてみて、きれいに伸ばしてみて足りないのであれば、もう1回というところで十分でしょう。財布という面積を考えれば、これ以上の量は厳禁です。逆に少ない程度で乾拭きをしていくことを考えた方が良いでしょう。

コードバンのお手入れは、毎日やる必要はありません。ですが、気になるときにはお手入れしてあげることが大切です。たまには休ませてあげることも必要で、使わない日を作ってあげるのもいいでしょう。こうしたお手入れも含めて、大人の楽しみ方ができるので人気となっています。

RECRUIT