メンズ用のキーケースを選ぼう

メンズ用のキーケースを選ぼう


キーケースを利用した方がいい理由とは?



カギを持っている人はキーケースを利用している人が多いかと思われます。使い勝手も良く人気のアイテムです。これから購入しようと考えている人もいれば、購入する意味はあるのかと思っている人もいるでしょう。ここではキーケースを利用した方がいい理由についてお伝えします。

まず1つ目はカギを紛失しづらい点です。カギは基本的にサイズの小さなものが多く、失くしてしまいやすいアイテムです。どれだけ気を付けていたとしても、座った時知らないうちにズボンのポケットから落ちてしまったりするなど、失くすリスクは高くなっています。失くしてしまうことで家のカギ本体を安全のため交換しなければならないなど何かと手間がかかりますが、キーケースがあればサイズもカギ単体よりは大きくなるので落としにくくなります。また、サイズが大きいことで落としたとしても気づきやすく、紛失のリスクを抑えることができます。

続いて2つ目は装飾性が高いということです。購入するものによって異なりますが、メンズ用の素材にはレザーが使用されていることも多く、高級感のあるアイテムです。そのため、ファッションの一部として所有することもでき、自分の個性を発揮することも可能なので、おしゃれに興味がある方は利用する価値があるでしょう。

3つ目は多くのカギを一つにまとめることができる点です。特に多くのカギを所有している人は、カギがバラバラだと紛失の可能性も高くなりますし、どこに置いたか分からなくなることもあります。無くさないためにも保管は重要ですが、キーケースなら複数のカギをまとめて保管することができるので、目的のカギが探しやすくなり、利便性が向上します。このように3つの魅力について説明しましたが、利用する理由は人それぞれです。魅力的な部分はたくさんあるので、特にカギ単体で持つことに不便を感じている方は利用について検討するといいでしょう。



メンズ用のキーケースの選び方



メンズ用のキーケースは種類も数多くあり、どれを選ぶか迷うこともあります。自分に合うものを選ぶためにも事前にチェックした方がいい項目がいくつかあるので、紹介をします。

まず1つ目のチェックしたいポイントはどのタイプが最も利用目的に相応しいのかということです。キーケースは大きく分けるとキーホルダータイプとケースタイプの2種類が存在しています。それぞれタイプは異なりますが、シンプルさを追求するならキーホルダーのタイプの方がコンパクトなので、こちらを選ぶとよいでしょう。また、なるべくカギを外に見せずにしまっておきたい場合は、キーケースを選ぶようにしましょう。カギを覆う形になるので、どんなカギかを見られる心配がなく安全性も高くなります。

続いて2つ目は素材についてです。実際に使用されている素材は様々ですが、その中でも本革を使用しているタイプはメンズから特に人気を集めています。デザインもシンプルで魅力的ですし、なにより耐久性に優れているのが魅力的な部分です。カギを収納する以上、何かとキズが付きやすくなり、それによって劣化が早くなることもありますが、革なら熱にも強く、ちょっとした衝撃で劣化することもありません。耐久性を考えるなら革の素材を検討するといいでしょう。

3つ目は価格についても考えましょう。革の素材と言っても価格はそれぞれで異なります。中にはとても安いようなタイプも存在していますが、あまりにも安いものは本革を使用していない可能性もあります。そのため、選ぶときには価格を見てから考えるのもよいでしょう。このように、ここでは3つの選び方について紹介をしましたが、選び方にこだわれば自分の好きなキーケースを手に入れることができるので後悔することもありません。失敗しないためにも選び方は慎重になった方がいいでしょう。



革のキーケースは長く使用するためにも手入れが大切



キーケースを購入する時に革を選択する人は多いかと思われますが、他の素材に比べると簡単に劣化しないのが特徴です。しかし、使い方によっては劣化も早くなることがあり、破損してしまうので、なるべく定期的に手入れは行った方がいいでしょう。では、実際にどんな手入れをすればいいのかについて説明します。

まず日頃の手入れとしてはブラシを使用して磨くようにしましょう。ブラッシングはなぜ行うのかというと、汚れによるシミを防止するために行ったり、埃などのゴミを取り除くためにも行ったりします。特に汚れがシミになってしまうと見栄えも悪くなってしまいます。長く使用するためにもシミが付かないように使用後はブラッシングをするといいでしょう。

またワックスを使用した手入れも行うようにしましょう。ブラッシングのように毎回行わなくても構いませんが、月に1、2回はワックスを塗った方が艶も出ますし、保湿もすることが可能です。厚く塗る必要はありません。定期的にワックスを使用すれば、劣化を防ぐことができるでしょう。

RECRUIT