メンズのバックパックの購入を検討している方へ

メンズのバックパックの購入を検討している方へ



バックパックのメリットについて



バックパックにはメンズ用やレディース用など色々な種類が存在しており、実際に近年では旅行へ行くにもちょっとした旅をするのにもバックパックが使用されています。街中でも使っている人をよく見かけますが、なぜ利用者が増えたのでしょうか。ここではこれから購入を検討している方のためにもどんなメリットがあるのかについて紹介します。

まず1つ目のメリットは両手がふさがらないことです。バッグにも様々な種類がありますが、例えば手で持つタイプのバックはどちらかの手はふさがることとなります。しかしバックパックの場合は背負うタイプになるので両手がふさがることはありません、両手がふさがらないので負担も少なく済みますし、荷物の持ち運びがしやすくなります。例えば歩いての移動が長いという場合など負担をできる限り軽減したいという場合には選んだ方がメリットとなる点は多いでしょう。

続いて2つ目のメリットは肩が凝らないことです。例えばトートバッグのようにどちらかの手がふさがるバッグや、ショルダーバッグのようにどちらかの肩にだけ負担がかかるバッグは肩にかかる負担が大きくなるので、肩こりが発生しやすいと言われています。できる限り肩こりで悩みたくないと思っている方は多いでしょう。こういった場合にバックパックを活用すれば片方の肩に負担をかけることがないので、肩が凝りにくくなります。

続いて3つ目はコンパクトだというメリットがあります。例えばちょっとした長旅や、遠くに旅行に行くときにスーツケースを活用するという方も多いのではないでしょうか。スーツケースは容量も多く便利ですが、転がさなければなりませんし、コインロッカーに預けることも不可能なので常に持ち歩かなければなりません。転がしながら観光地を回るとすると邪魔になることがありますが、バックパックなら背負うだけになるので、観光地を回るという場合も負担に思うことはありません。また、基本的にはコンパクトでコインロッカーに入れることができる大きさのタイプが多いので、近くにコインロッカーがあれば手ぶらで回ることも可能です。このように、いくつかメリットについて紹介しましたが、他のバッグに比べるとメリットとなる部分が多いので、近年では子供から大人まで利用している人が多くなっています。



メンズ用のバックパックに革素材が選ばれる理由とは



バックパックというとレディースが着用するイメージが強いと思っている方もいますが、実際にはメンズもたくさんの人たちが利用しています。メンズ用のタイプも多く販売されていますが、その中でも人気が高いのが革素材です。メンズから多くの支持を得ていますが、なぜ革素材を選ぶ人が多いのでしょうか。ここでは選ばれる理由について紹介します。

まず1つ目は耐久性に優れていることです。人によってはすぐに買い替える方もいますが、できる限り長く使いたいと思っている方も多いでしょう。できる限り長く使うためには素材にこだわる必要がありますが、革素材なら摩擦にも強く、簡単に破れるということはありません。バッグの中身を安全に持ち歩くためにも耐久性は重要になるので、耐久性に優れている革素材は多くの人たちに選ばれています。

続いて2つ目はデザイン性に優れていることです。例えば柄が入っているものなど色々な種類のデザインがありますが、基本的にその中でも革素材は柄等が入っていないことが多くシンプルです。そのため、スーツにも合わせやすいですし、私服にも合わせやすいというメリットがあります。どんな場面でも使用できるデザインになっているのでたくさんの人たちに選ばれています。このように、選ばれる理由について説明をしましたが、革素材には色々なメリットがあるので、どの素材を選ぼうか迷っている人は一度革素材のバックパックを手にしてみてはいかがでしょうか。



バックパックは容量を考えて選ぼう



バックパックには様々な大きさのものが存在しています。基本的に選ぶときには大きさを考えて選ばなければ後悔することもあるので、ここでは容量を考えた選び方について紹介します。

まず25L以下の容量のものですが、例えば普段仕事に行くときにパソコンしか持っていかないという人や、財布など小物類しか持っていかない人など持ち物が少ない人は負担も少ない25L以下の容量を選択するといいでしょう。続いて40から49Lほどの容量のものですが、これは男性が最も扱いやすいと言われている容量です。特に旅などに多く出かける人はこれくらい大きな容量を選択した方が困ることはないでしょう。その他にも50Lや70L以上など様々な容量がバックパックにはあります。容量は重要になるのでしっかりとこだわって選ぶようにしましょう。

ここではいくつか容量について説明をしましたが、基本的に旅などに出かけない普段使いのバックパックを探しているという方は、なるべく40L以下の大きさを選ぶと使いづらいと感じることも少なくなります。

RECRUIT