ARCHIVES

GANZOのヌメ
1

GANZOのヌメ

使うほどになじむ、自分だけの味を楽しむ。GANZOがヌメにこだわる理由とその楽しみ方をご紹介します。

MAESTROが出来るまで
2

MAESTROが出来るまで

フィレンツェで出会った伝統の技によって生まれた「マエストロ」。GANZO流のこだわりを融合させ、製品化になるまで。

GANZO×Monocle
3

GANZO×Monocle

偶然の出会いから生まれた「Monocle」とGANZOのコラボレーション。タイラー編集長が出会いについて語ります。

PATTERN ORDER
4

PATTERN ORDER

世界でひとつのジャパンメイドを。1点モノを持つ楽しさと使う喜びを多くの人へ味わって頂くためにGANZOが提案するパターンオーダーです。

GANZO'S Method
5

GANZO'S Method

GANZOがこだわる革製品とは。GANZO物作りの一つ一つの工程と製品の構造に注目しました。

GANZOのベルトづくり
6

GANZOのベルトづくり

私たちにしかできないモノづくりを目指して、お客様の声からGANZOのベルトづくりがスタートしました。

NEW SERIES“GUD”
7

NEW SERIES“GUD”

2013 GANZO NEW SERIES GUD GANZOとGUDとの出会い、革の歴史と伝統を継承したGUDシリーズとは

LUGGAGE COLLECTION
8

LUGGAGE COLLECTION

「自分が欲しい物をつくる」が原点のGANZOが生み出す、理想のバッグを追求するGANZOのこだわりをご紹介。

GANZO×Steaven Alan
9

GANZO×Steaven Alan

世界中の人々に愛されているブランド「Steven Alan」とGANZOのコラボレーションが実現。

MOVIE
10

MOVIE

GANZOのブランドイメージをそのままに、商品の製作工程とLUGGAGE COLLECTION,BRIDL BRIEF CASEを紹介したイメージムービー。

Yasushi Fujimoto meets GANZO
11

Yasushi Fujimoto meets GANZO

アートディレクターの藤本やすし氏とGANZOディレクター味岡氏との物作りに対する強いこだわりを展開した対談特集。

BRIDLE LEATHER
12

BRIDLE LEATHER

伝統ある技術と製法を今も守る英国J&E セジュイック社のブライドルレザーを素材にGANZOが作るこだわりの製品を紹介。

革のお手入れ
13

革のお手入れ

GANZOの革について、重要なお手入れ方法を分かりやすく、イメージムービーでご紹介。

Jiro Ishikawa meets GANZO
14

Jiro Ishikawa meets GANZO

数々の人気雑誌を手がけた名編集者石川氏と、JAPANの物作りにこだわり続ける『GANZO』ディレクターの味岡氏の対談。

CHERISHED
15

CHERISHED

日頃スタッフが実際に愛用している商品の経年変化をご紹介。使用年数によって変化する革の表情をお楽しみください。

CORDVAN--Tannage's section
16

CORDOVAN― Tannage's section

牛や豚など数ある皮革の中でも馬皮を使ったコードバンは指折りの代物。姫路にある新喜皮革を訪問してコードバンの製造工程についてお伺いしました。

CORDOVAN—Dyeing section
17

CORDOVAN— Dyeing section

独自に開発した染色方法で、他の追随を許さない美しい光沢が魅力のコードバンに仕上げるレーデルオガワ。コードバンの仕上げまでの工程や魅力に迫ります。

SHELL CORDOVAN—Horween
18

SHELL CORDOVAN— Horween

アメリカ・シカゴの老舗タンナー・ホーウィーン社にインタビューを敢行。100年以上続くその歴史、伝統的な材料を用いたこだわりの製法をご紹介。

SHELL CORDOVAN—Horween
19

DAMAGE / HOW TO RECOVER

日常生活で起こりうる、財布が受けるダメージをストーリー形式にし、イメージムービーでご紹介。

GANZOのクロコ
20

GANZOのクロコ

GANZOオリジナルレシピの鞣しを施し、完成した「スモールクロコ」シリーズ。持つ人に“特別感”を与える“クロコダイル”、その物語を紐解きます。

CANVAS― 力強く、美しい生地
21

CANVAS― 力強く、美しい生地

GANZO「CB-1」シリーズで使用しているキャンバスが、どのようにして作られているのか、岡山、大阪の工場を訪ねました。

GANZO TIMES VOL.02
NEW

GANZO TIMES vol.02

今回は、音楽家 小西康陽が「WHAT IS A GENTLEMAN?」と題して、自身が考える紳士像を紹介。また「GANZO FOR NEW GENTLEMEN」と題したGANZOファン必読のコレクション紹介も掲載。

to TOP